金属性変色の症状、金属性変色の初期症状、バイタルサイン

金属性変色の症状、金属性変色の初期症状、バイタルサイン

  • 2021-09-11 01:52:02
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 金属性変色検査、金属性変色診断
  2. 金属性変色をどのように診断・鑑別するか−金属性変色が混同されやすい疾患−

金属性変色症状

典型的症状:色素異常、皮膚内のメラニン量で決まる、曝露部位に多発

関連症状:皮膚紫斑病

一、症状

臨床表現は以下の種類に分けられる:

1.銀沈着症は一般的に臨床表現が約8g以上の銀を必要とする。初期に紫斑病の容貌を呈し、以後徐々に色素沈着が現れ、淡い青から青灰色を呈し、深刻な場合は灰色黒色である。びまんは皮膚全体に分けられ、襞のところは比較的に少なく、面、手などの露出部位によく見られ、特に結膜、甲、歯茎などのところの着色は更に際立っている。

2.金沈着症は一般的に総量4g以上が必要である。びまん性の青灰色または薄紫色の沈着を示す。露出部位に多発し、特に眼窩周囲が顕著で、強膜に顕著で、襞に稀であり、口腔粘膜に損害がなかった。組織病理検査にて真皮血管周囲と組織細胞内に大小不同、円或いは卵円形の黒色顆粒があることを示した。

3.ビスマス沈着症は、梅を駆除するためのビスマス剤による治療後数年後に多発する。びまん性の青みがかった灰色が沈着し、歯肉粘膜の縁に灰色の青色または黒色の線を生じ、「ビスマス線」と呼ばれる。顔、手部が明らかで、強膜、口腔に及ぶことがある。

4.水銀沈着症水銀は漂白剤及び外用消炎剤として使用すると沈着することができる。局部の皮膚は青灰色の色素沈着である。顔面、頚部に多く見られ、眼瞼、鼻唇の皺部に特に顕著である。組織病理検査にて真皮上部に規則的な褐色の黒色顆粒があり、部分的に遊離し、部分的にマクロファージ内にあることを示した。

5.鉄沈着症皮膚炎の治療や止血剤として鉄塩溶を外用する。表皮破損部に鉄の深金褐色沈着を認めた。組織病理検査により真皮上層内に鉄を含む好色素細胞があり、基層細胞メラニンも軽度に増加することが示された。

二、診断

臨床表現、皮膚損傷の特徴、組織病理の特徴性によって診断できる。

  1. 金属性変色のケア−ケア上の注意点−食事禁忌
  2. 金属性変色の紹介−症状−治療−ケア−食事
  3. 金属性変色の食事、食事療法、金属性変色は何を食べればいいのか
  4. 金属性変色を防ぐにはどうすればよいか、金属性変色のケア対策
分類

お問い合わせ