金属性変色をどのように診断・鑑別するか−金属性変色が混同されやすい疾患−

金属性変色をどのように診断・鑑別するか−金属性変色が混同されやすい疾患−

  • 2021-09-11 01:53:23
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 金属性変色の症状、金属性変色の初期症状、バイタルサイン
  2. 金属性変色の紹介−症状−治療−ケア−食事


紛らわしい疾患:薬物や化学物質による色素沈着

本疾患はまた他の皮膚色素沈着性疾患と鑑別すべきである。後者は一般的に20−30歳前後の若い女性に発生し、基本的な損害は多発性色素沈着斑で、爪からコイン大、あるいは卵円形、灰から灰褐色、境界はよくわからず、体幹や四肢近位部などの非露出部位にほぼ対称的に散布される。臨床病歴および金属の接触歴の有無により明瞭な鑑別が可能である。

  1. 金属性変色のケア−ケア上の注意点−食事禁忌
  2. 金属性変色の食事、食事療法、金属性変色は何を食べればいいのか
  3. 金属性変色を防ぐにはどうすればよいか、金属性変色のケア対策
  4. 金属性変色検査、金属性変色診断
分類

お問い合わせ