金属性変色の食事、食事療法、金属性変色は何を食べればいいのか

金属性変色の食事、食事療法、金属性変色は何を食べればいいのか

  • 2021-09-11 01:54:36
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 金属性変色検査、金属性変色診断
  2. 金属性変色をどのように診断・鑑別するか−金属性変色が混同されやすい疾患−


金属性変色性飲食は禁物

適切な食事:1.高タンパクで栄養のあるもの2.ビタミンやミネラルが豊富なもの3.高カロリーで消化しやすいもの
食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
果物豊富な免疫グロブリンを含み、粘膜と体の免疫機能を改善することができ、それによって炎症の消散を促進することができる。500mlはそのまま食べる。熱い飲み物がいいので、空腹では飲まないようにしましょう
ミルク消化しやすく、栄養が豊富で、安価で質の良い人体に必要な栄養食品。牛乳と卵は栄養の二重壁と言われている朝晩は熱い飲み物がいい
精白した赤身の肉良質のタンパク質と人体に必要なビタミンが豊富で、カロリーの高い食品だ毎日食べる、炒め物、煮物はすべて可、過度に食べるのは禁物
食事の禁忌:1.脂っこい食べ物は禁物2.揚げ物、燻製、バーベキュー、生もの、冷やし物、刺激物は禁物3.塩分や脂肪の多い食べ物は禁物
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
脂っこい毛に属するとこの病気の病状を悪化させることがある食べることを最小限に抑える
ピーマン激辛刺激性があり、血管粘膜の透過性を増加させ、本症の細菌感染のリスクを増加させることができる。辛みのない刺激性のある調味料を食べるのがよい
金属性変色食原理

主に金属類に触れないように注意しています、日差しを避けて。局所的な摩擦を避けるために食事では、昆布、海苔、黒キクラゲ、リンゴ、梨などの果物を多く食べることができます。それらはビタミンとセルロースが豊富で、皮膚の新陳代謝を促進し、症状を改善すると同時に、コリアンダーやセロリなどの光増感作用を持つ食品を避けるように注意して、皮膚の損傷を悪化させないようにして、辛い刺激を避けるように注意して、タバコや酒を飲まないようにしてください。

  1. 金属性変色のケア−ケア上の注意点−食事禁忌
  2. 金属性変色の症状、金属性変色の初期症状、バイタルサイン
  3. 金属性変色の紹介−症状−治療−ケア−食事
  4. 金属性変色を防ぐにはどうすればよいか、金属性変色のケア対策

お問い合わせ