ぐりぐり菌感染の紹介−症状−治療−ケア−食事

ぐりぐり菌感染の紹介−症状−治療−ケア−食事

  • 2021-09-11 01:21:01
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ぐりぐり感染のケア−ケア上の注意点−食事の禁忌
  2. ぐりぐり感染の症状、ぐりぐり感染の初期症状、バイタルサイン

ぐりぐり菌感染の概要

マイコバクテリア(mycobacterium scrofulaceum)は自然界に広く分布し、組織培養で暗所に黄色色素を産生することが特徴であり、30℃及び37℃で2〜3週間ロシュ培地にコロニーを産生し、25℃以下では生長しない。37℃で3日間培養してから25℃で培養すれば迅速に成長することができ、発病機序はまだ正確ではない。臨床表現は外傷後10日から数カ月までに肉芽腫性結節が発生し、類丹毒様外観を呈することもある。障害は常に単発で、全身症状がない。抗酸菌培養及び菌種同定は診断できる。自然に治る。抗生物質と菌苗治療は治癒を速めることができる。

,

ぐりぐり菌感染の基礎知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 別名:リンパ節菌感染
  • 発症部位:皮膚リンパ
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多数発生者:すべての人々
  • 関連症状:結節肉芽腫丹毒様外観傷口感染二次感染
  • 合併疾患:梅毒

  1. ぐりぐり菌の感染検査、ぐりぐり菌の感染診断
  2. ぐりぐり感染の予防方法ぐりぐり感染のケア対策
  3. ぐりぐり感染の原因、ぐりぐり感染にはどのような原因があるのか
  4. ぐりぐり感染の合併症、ぐりぐり感染はどんな病気を引き起こすのか
  5. ぐりぐり感染の診断と鑑別-ぐりぐり感染は混同されやすい疾患
分類

お問い合わせ