原藻症の症状、原藻症の初期症状、バイタルサイン

原藻症の症状、原藻症の初期症状、バイタルサイン

  • 2021-09-11 01:47:54
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 原藻症紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 藻病の合併症、原藻病はどんな病気を引き起こすのか

原藻症症状

典型的な症状:発疹、下痢、色素異常、潰瘍、丘疹

関連症状:炎症性細胞浸潤皮膚萎縮と色素沈着発疹肉芽腫

一、症状

1.皮膚、皮下と粘膜型無緑藻症表在栽培は最もよく見られるタイプであり、一部は汚水との接触と関係がある。接触後数週間以上経過すると発症することが多い。肉芽腫様損害があり、斑疹或いは丘疹性損害を呈し、免疫損害を伴う患者は棘皮症と潰瘍が出現することがある。一部の病例にプラーク性疣状損害が出現した。皮膚の萎縮と色素沈着または脱離。くすぐったい感じがします。四肢、額、頬などの露出部位に好発する。続発細菌感染、象皮腫。外傷後の腱鞘炎や蜂窩織炎の報告もあります。鼻咽頭粘膜感染から硬口蓋、食道と舌部潰瘍への進展を報告したのは一例だけであり、この患者には気管挿管、糖尿病と大量デキサメタゾンの応用を含む複数の誘発要素がある。

2.無緑藻性肘滑嚢炎部分は外傷と関連していた。滑嚢は、他の炎症を合併したり、コルチコステロイドホルモンを投与したりして本症を誘発する場合に、緑藻類の増殖に適している可能性がある。抽出した嚢は血液性であり、真菌培養陽性であった。

3.腸管型無緑藻症は下痢を引き起こすことがある。汚染された食物を摂取することに関係しています。

4.系統性無緑藻症は稀である。肝臓、腹膜、胆嚢などの臓器に影響を及ぼすことがある。

二、診断

主に病原菌検査、組織病理診断による。

1.病原菌の検査標本としては、皮膚障害、膿、滲出液、生体組織などを用いることができる。

(1)直接鏡検:円形、近円形、厚肉、直径約1730µm、芽を出さない胞子が見られ、(20~30µm)×(17~24µm)の大きさで、内部に多数の内生胞子が存在する。菌糸、子嚢及び胞子はない。

(2)培養:砂堡寒天では、25〜35℃、2〜3日で滑らかで湿潤な白色酵母様コロニーが出現し、クリーム色にグラデーションし、表面にわずかなしわがあった。アクチノイド及び>37℃は、本菌の生長を抑制することができる。フタル酸塩を含有することにより細菌を阻害することができ、フルオロシトシンを含有することにより酵母を阻害することができ、汚染された条件下からの細菌の分離を容易にすることができる。鏡視下で本菌の無性生殖が見られ、胞子は細胞核と細胞質の分裂と再分裂により、大量の内生胞子を形成し、成熟後胞子嚢は破裂し、内生胞子が外部に溢れ、また拡大、分裂、再拡大し、新しい胞子嚢を形成する。

ユウジとウィアオコの違いは、前者の胞子嚢が大きく、直径約1025µm、内胞子が大きく、直径911µmであるが、数が少なく、粗く配列されていることである。後者の胞子嚢は直径約611µmで、内胞子は直径約45µmと比較的小さく、密に配置されています。

(3)生化学的特性:トレハロースを利用せずにオルトプロピルアルコールを利用しているCylushylaxi緑藻;ウイリアムコはトレハロースを利用するが、n−プロパノールは利用できない。

2.組織の病理的表皮化、有棘層の軽度の浮腫、真皮浅層、血管と皮膚付属品の周囲に上皮様細胞とリンパ球を中心とした炎症性細胞浸潤、PAS染色時に真皮浅層に散在した胞子が見られ、約4~10µmの直径の大きさ、その壁の厚さ、内に多数の内生胞子があった。

3.動物実験はマウス腹腔或いはモルモット、ウサギ及びマウス精巣内に約1×106cfu/mlの菌懸濁液を注射し、腹腔内0.5ml、精巣内0.03ml、局部損害を引き起こすことができる。病原菌の検査結果は上と同じであった。

  1. 藻病の原因、原藻病にはどのような原因があるのか
  2. 藻病の治療方法,原藻病の治療方法,原藻病の薬
  3. 藻病の食事、食事療法、原藻病は何を食べればいいのか
  4. 藻病を予防するにはどうすればいいのか、原藻病のケア策
  5. 原藻症のケア−ケアの注意点−食事のタブー

お問い合わせ