原藻症の診断と鑑別-原藻症は混同されやすい疾患

原藻症の診断と鑑別-原藻症は混同されやすい疾患

  • 2021-09-11 01:49:21
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 原藻病の治療方法,原藻病の治療方法,原藻病の薬
  2. 原藻症のケア−ケアの注意点−食事のタブー

混同されやすい疾患:神経性皮膚炎胞子糸状菌症

1.神経性皮膚炎、皮膚真菌症、胞子糸状菌症、着色芽生菌症、湿疹様皮膚炎などと鑑別する。主な根拠は、組織から病原菌を見つけたり、組織からその菌を見つけたりすることだ。

2.肘滑嚢炎は、ブドウ球菌の感染者と鑑別されるべきである。

3.当該細菌は、クリプトコッカス・新生菌、Africa型組織胞質菌、白ビーズ菌、パラ・ブラジル球胞子菌及び皮膚炎芽生菌と識別されるものとする。これらの菌はすべて芽が出て、緑藻菌がなくて、芽が出ない。

4.球形胞子菌と鑑別すると、球形胞子菌も芽生しないが、内胞子の数は多く、小さく、円形であり、緑藻菌の内生胞子は大きく、卵を形成する円形で、不規則な行をしていない。

  1. 原藻症紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 原藻症の症状、原藻症の初期症状、バイタルサイン
  3. 原藻病の原因、原藻病にはどのような原因があるのか
  4. 原藻病の合併症、原藻病はどんな病気を引き起こすのか
  5. 原藻病を予防するにはどうすればいいのか、原藻病のケア策
分類

お問い合わせ