原藻症の検査、原藻症の診断

原藻症の検査、原藻症の診断

  • 2021-09-11 01:50:11
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 原藻病の合併症、原藻病はどんな病気を引き起こすのか
  2. 原藻症の診断と鑑別-原藻症は混同されやすい疾患

原藻症の一般的検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
細菌学検査全身皮膚保健課細菌学的検査は...
塗抹標本血液血管保健科応急手当血液塗抹標本の顕微...
細胞組織化学染色血液血管リューマチ細胞組織化学...
病原菌検査:標本は皮膚損害、膿液、滲出液、生体組織などを用いた。

組織病理:表皮化過剰、有棘層軽度浮腫、真皮浅層、血管と皮膚付属品の周囲に上皮様細胞とリンパ球を中心とした炎症性細胞浸潤、PAS染色時に真皮浅層に散在した胞子が見られ、直径4~10µm、その壁の厚さ、内に多数の内生胞子があった。

動物実験はマウス腹腔或いはモルモット、ウサギ及びマウス精巣内に約1×106cfu/mlの菌懸濁液を注射し、腹腔内0.5ml、精巣内0.03ml、局部損害を引き起こすことができる。病原菌の検査結果は上と同じであった。

  1. 原藻病の原因、原藻病にはどのような原因があるのか
  2. 原藻病の治療方法,原藻病の治療方法,原藻病の薬
  3. 原藻病の食事、食事療法、原藻病は何を食べればいいのか
  4. 原藻病を予防するにはどうすればいいのか、原藻病のケア策
  5. 原藻症のケア−ケアの注意点−食事のタブー
分類

お問い合わせ