かんびつ治療法かんびつ治療法かんびつ治療法

かんびつ治療法かんびつ治療法かんびつ治療法

  • 2021-09-23 06:52:36
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. かんびきの診断と鑑別-かんびきは混同しやすい疾患
  2. しびれのケア−ケアの注意点−食事のタブー

痙攣診療知識

受診科:中医科治療費:市三甲医院約(3000-8000元)治愈率:治療方法:薬物治療かんびき弁証論治

痙攣麻痺の漢方治療

生地当帰川きゅう白術(各二銭)蒼術(一銭半)甘草(しゃ三分)木通煎湯、下大補丸三十丸。大補丸ひげを炒める。

よくい仁散

筋拘縮を治療し、長いリューマチを治す.。

よくい仁(一昇つき散らし、水二昇で、末のスプーンを取って粥を作り、空腹で食べる。『衍義』雲:筋急拘縮には二等があり、『素問』大筋は熱を受け、熱は縮んで短くなり、縮んで急に伸ばさず、ヨクイニンを用いることができる。もし『素問』の言は寒筋急のため、使用してはいけない)寒痙攣者、いわゆる寒多を経て筋痙攣骨痛者である。

(『本』)同官丞張徳操、常言その内子昔患筋攣縮、足屈伸できず、年を越えて、働けば拘持させられ、泗水楊吉老に医を求める。雲:この筋病は、下三方を服用すべきである.。1年で癒える。

治筋極、養血地黄丸、春夏服。

熟地(一分)蔓荊(一分)サンシュユ(五分)黒犬脊(しゃ)地肌子白術乾漆地虫(炒め)天雄車前子(各三分)Bei山芋(つまり自然薯)澤潟牛膝(各一両)上細末、練蜜と杵丸は桐のように大きい。五十丸ずつ飲んで、温酒の下で、空食臥服。

筋痺肢節束痛を治療する。

カモシカスープ、秋服之。

カモシカシナモン附子独活(各1両3銭半)ビャクシャク(各1両)上は粗末である。一服につき五大金、水一杯半、生姜三枚、八分まで煎じて、清めた汁を取って、一日二、三服飲むことができます。

治冷湿痺は筋脈に残り、縮んで側を変えることができない。

烏頭湯、冬服之。

大烏頭細辛川椒甘草Gentiana附子官桂白しゃくしゃ(各七分)乾姜白伏防風(しゃ)当帰(各一両)独活(一二三銭半)上粗末である。一服三銭、水一杯半、なつめ二枚、八分まで煎じて、かすを取り、空腹で食する前に飲む。

  1. うつ病の原因、うつ病にはどんな原因があるのか
  2. うつ病の合併症やうつ病がどのような病気を引き起こすのか
  3. かじかんの食事、食事療法、かじかんは何を食べればいいのか
  4. かじかんを防ぐにはどうすればいいか、かじかんのケア策
  5. リューマチの検査、リューマチの診断
分類

お問い合わせ