蔵毛性疾患の症状、蔵毛性疾患の早期症状、バイタルサイン

蔵毛性疾患の症状、蔵毛性疾患の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-09-09 00:44:31
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 蔵毛性疾病の治療方法,蔵毛性疾病の治療方法,蔵毛性疾病の薬
  2. 蔵毛性疾患のケア−ケアの注意点−食事のタブー

縮毛症の症状

初期症状:尾の中央線に小さなくぼみがあるが、何も感じない

末期症状:洞道形成

関連症状:尾の中央線に細かいくぼみがあるが、細菌感染嚢胞膿瘍は何も感じない

蔵毛性疾患の症状診断

一、症状

本症は洞道に感染する前に症状が出現することが少ない。典型的な症例は尾部中央線に細かいくぼみがあるが何の感覚もない。くぼみには細かい穴があり、涙嚢探子でも探りにくいものもある。これは原発洞道で肛門から5〜6cm。感染後、局部に表在性膿瘍が形成され、自己破壊あるいは手術切開後に膿が流出する。膿腫は薄い膿液を排出し数日後に徐々に回復し、硬い結節が残った。再び細菌感染すると、別の膿瘍が出現することがある。上記の現象が繰り返し発生する。このように繰り返し出現するため、一部にいくつかの洞踏切が出現することがある。これらの洞踏切は非常に接近しているか、2〜3cmの距離がある可能性がある。多数の洞踏切は細い探針を通過させることができる。洞道の深さはさまざまで、深さは数センチに達する。二次的な洞道は原発洞踏切の上方すなわち「頭蓋側」にあることが多い。観察によると、やや片側に偏っており、特に左側に偏っている者が最も多い。洞道領域の「乾燥期」には、長い楕円形の硬い結節または嚢胞性腫瘍がここで知覚されることがある。

二、診断

藏毛洞或いは藏毛嚢腫の主な診断マーカーは尾部の急性膿腫或いは分泌のある慢性洞道であり、局部に疼痛、圧痛と炎症浸潤を表現し、検査時に中線位に藏毛腔を見た。

  1. 蔵毛性疾患の原因、蔵毛性疾患にはどのような原因があるのか
  2. 蔵毛性疾患の合併症、蔵毛性疾患がどんな病気を引き起こすのか
  3. 蔵毛性疾患の検査、蔵毛性疾患の診断
  4. 蔵毛性疾患の紹介−症状−治療−看護−食事−
  5. 蔵毛性疾患の診断と鑑別−蔵毛性疾患混同しやすい疾患−

お問い合わせ