蔵毛性疾患の原因、蔵毛性疾患にはどのような原因があるのか

蔵毛性疾患の原因、蔵毛性疾患にはどのような原因があるのか

  • 2021-09-09 00:44:47
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 蔵毛性疾患の診断と鑑別−蔵毛性疾患混同しやすい疾患−
  2. 蔵毛性疾患の検査、蔵毛性疾患の診断

蔵毛性疾患の病因

在毛性疾患の病因

一、発症原因

本症の病因説は多く、大きく2種類に分けられる:発育上の原因と損傷。19世紀後半の発生学の発達により、本症の特定の発症部位に発生した特定の病変については、発育上の原因が疑われるようになったのは当然である。大量の著述をまとめて提唱された仮説は、大きく3つある:

1.仙骨尾部髄管嚢性残留物学説1887年フランスの学者TourneauxとHerrmanは提出し、1942年までアメリカの学者Kooistraは依然としてこの説を支持した。

2.仙骨尾部中央縫合奇形の発育学説Fere(1878)は仙骨尾部中央縫合奇形の発育は皮膚内包物の嚢腫形成を招くことを提出し、1935年Foxはこの理論を支持した。

3.類似鳥類尾羽腺構造の退化残滓1931年Stoneはこの理論を提出した。ある種の腺の退化跡と考える人もいる。1946年にPateyらが1例の理髪師の指に毛洞が発見されたことを報告して以降、先天性病原論あるいは発育上の原因の諸仮説が疑われ、獲得性の原因について説明を求めた。以後このような報道が多い。皮膚損傷に続いて毛髪が植え込まれたり、毛髪が皮膚を穿破したりして感染や皮化をきたすと考えられている。Bearleyは、毛洞は最初に周囲の毛が皮膚に突き刺さって短い洞道を形成し、毛の根元は依然としてその毛包とつながっていると考えている。この毛が抜けた後も洞道による吸引力で吸引され続ける場合、第1段階を「刺入性洞道」、第2段階を「吸入性洞道」と呼ぶことを勧めている。この仮説は、すでに知られている臨床現象や歴史的事実のいくつかを説明することができそうだ。例えば、この病気は男性を主とし、体毛が多く硬い人群や人種によく発生する。発生部位は多毛区であり、よく揉まれたり、擦れたりする部位などである。ベアリー氏によると、ジープ乗員の中で発症率が高いのは、これらの軍人たちが低くて硬いジープに乗って悪路を長々と揺れ、よくひねって尻をこすることに関係しているからだという。彼は、尻溝が開いたときの局所的な圧力の変化を測定していた。臀部が両側に離れると、局所圧は80mmH2Oと急激に低下する。この部分で生成される引力について説明します。1975年のある討論会で、Rordは1例が毛洞内に一房の毛を取り出し、計23本で、毛の色、太さ、長さと方向はすべて一致したことを報告した。「青春型」の毛包から連続して生えてきたとみている。「青春型」の毛包は、「頭型」の毛包のように胎児期に機能を開始するのではなく、青春期に機能を開始する。1本の毛が成長してから抜けるまで約3~6カ月かかる。毛髪がまだ成長し続けている間に、洞道が感染して、この房の毛髪が外部に露出する。彼は組織学的検査の時に正確に毛包を切ることが難しく、或いは切る時に毛包の構造はすでに破壊されているため、一般の病理報道はいつも毛だけ毛包がないと言う。Rordの報告は、伝統的な病因説にはまだ多くの解釈待ちの問題が存在することを示している。

二、発病メカニズム

尾骨部背側中央線の原発洞道は皮膚に開口しており、深さは約2〜3cmで、末端に小腔を有する。洞道には毛髪が含まれ、場合によっては洞道口に毛髪が突き出ている。この毛は全く遊離していて、両端が細くて、毛包を発見しにくい。継発管は原発洞道の奥に位置し、感染後に皮膚に破れ、豊富な肉芽組織を含む。原発洞道開口部は鱗状上皮を裏地とし、このような上皮裏地は洞口内に2mmぐらい深く入ると肉芽組織の代替となる。継発管は原発洞道の「頭蓋側」に位置する。

  1. 蔵毛性疾患のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 蔵毛性疾患の合併症、蔵毛性疾患がどんな病気を引き起こすのか
  3. 蔵毛性疾患の症状、蔵毛性疾患の早期症状、バイタルサイン
  4. 蔵毛性疾患の紹介−症状−治療−看護−食事−
  5. 蔵毛性疾患の食事、食事療法、蔵毛性疾患は何を食べればいいのか
分類

お問い合わせ