蔵毛性疾患の診断と鑑別−蔵毛性疾患混同しやすい疾患−

蔵毛性疾患の診断と鑑別−蔵毛性疾患混同しやすい疾患−

  • 2021-09-09 00:45:49
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 蔵毛性疾患の症状、蔵毛性疾患の早期症状、バイタルサイン
  2. 蔵毛性疾患の合併症、蔵毛性疾患がどんな病気を引き起こすのか

混同されやすい疾患:フルンケル肛瘻

蔵毛性疾患の鑑別診断

有毛洞は症状と徴候から診断しやすいが、フルンケル、肛門瘻、肉芽腫と鑑別すべきである。

1.腫れ節は皮膚に生え、皮膚から突き出ていて、上部が黄色になっている。これらには複数の外孔があり、内に壊死組織がある。

2.肛門瘻の外口は肛門に近く、瘻管は肛門に向かっており、手には索状物があり、肛門管内に内口があり、肛門直腸膿瘍の病歴がある。しかし、蔵毛洞の進行方向は頭蓋側に多く、下に向かうことは少ない。

3.他の結核性肉芽腫は骨とつながっており、X線検査では骨の破壊が見られ、体の他の部位に結核性病変が見られた。梅毒肉芽腫は梅毒の既往がある。梅毒血清反応陽性。

  1. 蔵毛性疾患のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 蔵毛性疾患の原因、蔵毛性疾患にはどのような原因があるのか
  3. 蔵毛性疾患の検査、蔵毛性疾患の診断
  4. 蔵毛性疾患の紹介−症状−治療−看護−食事−
  5. 蔵毛性疾患の食事、食事療法、蔵毛性疾患は何を食べればいいのか

お問い合わせ