蔵毛性疾病の治療方法,蔵毛性疾病の治療方法,蔵毛性疾病の薬

蔵毛性疾病の治療方法,蔵毛性疾病の治療方法,蔵毛性疾病の薬

  • 2021-09-09 00:46:21
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 蔵毛性疾患の紹介−症状−治療−看護−食事−
  2. 蔵毛性疾患の原因、蔵毛性疾患にはどのような原因があるのか

蔵毛性疾患の診療知識

受診科:肛門腸外科皮膚科治療費用:市三甲医院約3000-5000元治愈率:治療方法:薬物治療縮毛性疾患の一般的な治療法

チベット毛性疾患の西洋医学的治療法

手術治療:

治療方法は非常に簡単で、すなわち局部麻酔下で十字切開ドレナージを行い、切開は波動あるいは圧痛が最も明らかなところを選び、正中線を避ける。抗生物質は外科的ドレナージの代わりにはならない。蜂窩織炎を伴う膿瘍や、糖尿病、血管性心疾患、免疫不全などを伴う患者には抗生物質を加えて治療することができる。術後は常に傷が癒合しているかどうかを検査し、周囲の毛髪を剃り、プローブで洞腔を柔らかく探査し、あるいは一房の毛を引き抜いて、この房の毛を異物として感染を永続させることが可能である。以上の治療を経て、一部の患者は創傷面が一期的に癒合するかもしれないが、多数は1〜2ケ月後にも癒合せず、慢性反復発作を呈し、このような場合には蔵毛洞の根治性手術治療を行う必要がある。

慢性蔵毛洞に対する根治的手術は、完全に成功していることを証明できる方法はない。過去に広範な切除手術による治療を行ったことがあり、実践により傷口の癒合が遅く、患者に不必要な苦痛と損失を与えたことが証明された。現在、多くは比較的に保守的な手術を採用し、病変組織だけを切除し、できるだけ正常な皮膚と皮下組織を保留する。手術方法には次のようなものがある。

1.病巣切除一期縫合

手術はすべての病変組織、遊離筋肉と皮膚を切除し、完全に傷口を縫合し、一期的に癒合する。深い臀部間裂開とその負圧を解消し、傷の裂開、血腫と膿瘍を減少させるために、Z形形成術が実行可能である。嚢腫と中線上の小型無感染の洞道に適用し、再発率は37%以下であり、利点は癒合時間が短く、臀間裂内に形成された瘢痕は柔らかく活動し、瘢痕と仙骨の間に軟組織があり、損傷に耐えられる。

2.病巣部分を切除して縫合する

病変組織を切除し、傷口の両側の皮膚と仙骨筋膜を縫合し、大部分の傷口を一期に癒合させ、中間の一部の傷口は肉芽組織で癒合させた。洞口と洞道が多い症例に適応し、病巣切除の一期縫合と同様の効果を示したが、治癒時間は比較的長い。

3.病巣切除傷口開放一期縫合

重篤な感染例や、一期縫合で感染創切開ドレナージが発生した例に適している。

4.病巣を切除し傷口を開放する

傷が大きく縫合できない場合や手術後に再発する場合に適している。手術は簡単であるが、癒合期間が長く、形成された瘢痕は広く、薄い層の上皮だけが仙骨に付着し、もし損傷があれば、瘢痕は容易に破裂する。

5.袋状縫合術

洞道壁の表面部分と上蓋皮膚を切除し、腸糸または吸収性人工縫合糸で洞道残腔と皮膚の切縁を縫合することにより、傷口を縮小して治癒を促進することができる。入念な術後看護は、常に満足な結果を得られる。切除できない症例や再発性の毛洞に多く用いられる。

6.広く切除する

蔵毛洞に癌が発生した場合、広範に切除し、その後、植皮あるいは皮弁で治療すべきである。鼠径部リンパ節腫大者は、転移の有無を除いて生検を行うべきである。

予後:

各種の治療方法はすべて一定の再発率がある。Keighley(1993)は文献報告の7種類の治療方法の再発率を分析した:開放治療のみで7%〜24%;病巣の切除と開放は0%~22%;病巣の切除と袋状縫合は7%~13%;病巣切除と一期縫合は1%~46%;病巣の切除とジグザグ整形は0%~10%;病巣と菱形皮弁の切除は3~5%;病巣切除および剥離皮移植は0%〜5%であった。

蔵毛洞に癌化が発生した者は、転移があれば予後は良くなく、文献報告によると5年生存率は51%であった。再発率は50%。初診時に鼠径リンパ節に転移が認められたのは14%であった。

  1. 蔵毛性疾患のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 蔵毛性疾患の合併症、蔵毛性疾患がどんな病気を引き起こすのか
  3. 蔵毛性疾患の検査、蔵毛性疾患の診断
  4. 蔵毛性疾患の症状、蔵毛性疾患の早期症状、バイタルサイン
  5. 蔵毛性疾患の診断と鑑別−蔵毛性疾患混同しやすい疾患−

お問い合わせ