体白癣の治疗方法、体白癣の治疗薬

体白癣の治疗方法、体白癣の治疗薬

  • 2021-09-02 07:17:25
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 体白癬の原因、体白癬にはどのような原因があるのか
  2. 「体白癬の検査」「体白癬の診断」

たむしの诊疗知识

受诊科:皮肤科伝染科治疗费用:市三甲医院约(3000-5000元)治愈率:治疗周期:治疗方法:薬物治疗たむしの一般治疗

一、治疗

治疗は主に局部外用薬を主とする。糖尿病に体白癣を并発した患者は同时に血糖をコントロールしなければならず、毎日薬物外用の回数は适当に増加することができ、その他の疾患の患者と长期的にコルチコステロイドホルモンを使用した人は全面的に比较検讨すべきである。

1.局所治疗が临床に広く応用されているのは:

(1)サリチル酸、安息香酸、ウンデシレン酸、3%过酢酸などの酸系薬物は皮肤の薄いところには慎重に使用しなければならない。

(2)抗真菌薬、例えば、1?3%クロリムコナゾール、1%イコナゾール、2%ミコナゾールクリーム、1?2%ケトコナゾールクリーム、1%ビフェニルベンジルクリーム、0.5%アモプロフェンクリーム、1%テビネフェンクリームなども、5?10%硫黄乳剤を1日1?2回、2?4周间の継続治疗で治癒することができ、これらの薬の刺激効果は少ない。(2)。(3)1?3%クロリムコナゾール、1%イコナゾールクリーム、1%ケトコナゾールクリーム、1%ケトコナゾールクリーム、1%ケトコナゾールクリーム、1%ケトコナゾールクリーム、1%ケトコナゾールクリームなど)

2.全身治疗泛発性水虫は全身治疗、例えばトビナフィン250mg/dを2周间経口投与することができる。フルコナゾールは毎周1回内服して、毎回150mg、计3周间;イトラコナゾールは100mg/dを15日间経口投与し、200mg/dを7日间経口投与した。

二、予後

犬小胞子菌と石膏様小胞子菌による体白癣は顔面、首と上肢によく见られ、よく白癣と并発し、患者が头皮を掻く或いは栉で病原菌が以上の部位に伝播することによる感染を引き起こす可能性がある。

たむしを弁证的に治疗する

ハイビスカス30g、百部30g、蛇床子15g、50%アルコール240mlを3日间浸渍するか、羊蹄根60g、50%アルコール240mlを3日间浸渍し、ろ过して液を取り、1日1?2回外拭きした。

  1. たむしの症状、たむしの初期症状、徴候
  2. たむしの紹介−症状−治療−看護−食事
  3. たむしの食事、食事療法、たむしは何を食べればいいのか
  4. たむし受診ガイド−たむし
  5. 体白癬の合併症、体白癬がどんな病気を引き起こすのか
分類

お問い合わせ