水虫のケア?ケアの注意点?食事のタブー

水虫のケア?ケアの注意点?食事のタブー

  • 2021-09-02 07:18:42
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. たむしの食事、食事療法、たむしは何を食べればいいのか
  2. どうやって体の水虫を予防するのか、体の水虫のケア

たむし一般看护

1、浴槽など、分离できない公共施设は、使用前の消毒作业に注意する。すでに各种真菌类疾患に罹患している患者は、速やかに治疗しなければならない。白癣に罹患した动物、特に猫、犬、ウサギなどとの接触を避ける。

2、夏の湿った天気の中で、真菌の繁殖が活発で、体白癣の主要な発病时间です。皮肤が真菌に感染すると、足白癣、手白癣、面白癣、体白癣の皮肤病を引き起こす。そのため、夏の水虫予防は非常に重视しなければならない。真菌は湿った暖かい环境を好むため、最も生育に适する温度は25℃?26℃である。夏场には入浴後、濡れたスリッパを履いて出てくる人が少なくない。これは嫌気性菌やカビなどが繁殖する机会を作る。この时、皮肤病の患者は患部を乾燥させ、手洗いや入浴後は水を拭いてからにしなければならない。

3、体白癣の予防には良好な卫生习惯を身につけ、皮肤を清洁で乾燥させ、こまめに着替え、布団を洗う。水虫は伝染性疾患であるため、水虫にかかった患者と直接接触することは避けなければならない。ホテルやホテルなどの公共の场で提供される公用スリッパやバスタオル、足鉢を使用せず、使い舍てスリッパやタオルなどの卫生陶器を可能な限り使用する。ホテル、旅馆などの公共サービスの场所で提供される客用の布団は、一人一组にして伝染を避け、使用後は消毒しなければならない。

4.条件のある家庭は、可能な限り、卫生陶器及び寝具の単独使用及び一人一组の使用を奨励すべきである。家族の中にすでに病気にかかっている人がいる场合は、早期隔离を重视し、家族间の感染を避けるべきだ。

  1. 「体白癬の検査」「体白癬の診断」
  2. たむしの症状、たむしの初期症状、徴候
  3. たむしの紹介−症状−治療−看護−食事
  4. たむし受診ガイド−たむし
  5. 体白癬の原因、体白癬にはどのような原因があるのか
分類

お問い合わせ