たむしの症状、たむしの初期症状、徴候

たむしの症状、たむしの初期症状、徴候

  • 2021-09-02 07:14:58
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. たむし受診ガイド−たむし
  2. 体白癬の原因、体白癬にはどのような原因があるのか

たむし症状

典型的な病状:赤色白癣菌による体白癣の病状はよく迁延して、よく腰と腹、臀部と体干に见られて、掻痒があって、治った後によく色素沈着が残ることがある。ひげ白癣菌による体白癣は頬と四肢の露出部位によく侵され、环状または不规则な形を呈します.

関连症状:鼻唇沟に赤みがあれば细菌がかゆみに感染する

一、症状

病原菌が表皮に侵入した後、一般的に角质层に寄生するため、局部に軽度の炎症反応だけを引き起こし、初めに赤い丘疹或いは小水疱として発生し、続いて鳞屑を形成し、更に周囲に向かって次第に境界明了な环状损害に拡大し、辺縁に丘疹、水疱がよく见られ、表面は一般的に渗出液がない。辺縁は活动性があり、絶えず拡大し、中央は消退するため、円水虫或いは銭水虫と呼ばれる。一部の环状皮肤损伤内にまた环状の丘疹、水疱、鳞屑が出现し、続いて同心环状损害を呈した。さまざまな程度のかゆみを伴う。

皮肤损伤は病原菌によって差がある。赤白癣菌による体白癣の病気の経过はよく迁延して、よく腰と腹、臀部と体干に见られて、かゆみがあって、治った後に色素沈着が残ることがよくあります。ひげ白癣菌による体白癣は頬と四肢の露出部位によく侵され、环状或いは不规则形を呈し、局部の炎症は比较的に顕着で、掻痒は明らかで、细菌感染を并発することができる。绵状表皮白癣菌による体白癣は腰と臀部に多く见られ、形は不规则で、局部の炎症は比较的に軽く、鳞屑は薄くて少なく、かゆみは明らかではありません。犬小胞子菌と石膏様小胞子菌による体白癣は顔面、首と上肢によく见られ、よく白癣と并発し、患者が头皮を掻く或いは栉で病原菌が以上の部位に伝播することによる感染を引き起こす可能性がある。紫色白癣菌によって形成される水虫の障害は、范囲が小さいことが多く(多くは5セントを超えない)、数は多く、しばしば淡红色の丘疹を呈し、その後、周囲に向かって円形に拡大し、辺縁の丘疹と小水疱が多い。

二、诊断

主に临床表现によって确定し、必要な时に病巣の辺縁から皮屑を掻き取って直接の镜検査を行い、真菌の菌糸或いは胞子を検査した後に确定诊断することができる。

  1. 「体白癬の検査」「体白癬の診断」
  2. 水虫のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  3. たむしの食事、食事療法、たむしは何を食べればいいのか
  4. たむしの紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 体白癬の合併症、体白癬がどんな病気を引き起こすのか
分類

お問い合わせ