麻疹様紅斑型薬疹の治療方法、麻疹様紅斑型薬疹の治療方法、麻疹様紅斑型薬疹の薬

麻疹様紅斑型薬疹の治療方法、麻疹様紅斑型薬疹の治療方法、麻疹様紅斑型薬疹の薬

  • 2021-09-09 01:09:12
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. はしか様紅斑型薬疹の病因はしか様紅斑型薬疹にはどのような原因があるのか
  2. はしか様紅斑型薬疹を防ぐにはどうすればよいか、はしか様紅斑型薬疹のケア策

はしか様紅斑型薬疹の診療知識

受診科:皮膚科中医科治療費用:異なる病院の料金基準は一致せず、市三甲病院の約(75~300)治愈率:治療周期:治療方法:病因治療はしか様紅斑型薬疹の一般的な治療

一、病因治療

可能な限り病因を明確にし、感作性または疑わしい感作性薬物を直ちに中止し、終生使用禁止にする。患者の体内からの薬物の排出を促進するために、より多くの水または輸液を飲むことを奨励する。砒素、金などの重金属による薬疹に対しては、錯化剤、例えばジメルカプトプロパノール(BAL)などを投与して重金属イオンと錯化させ尿中に排出する。

二、対症療法および支持療法

重型薬疹の治療原則は速やかに応急処置し、できるだけ早く病院に入院して治療することである。

1.抗ショックと酸素供給はアナフィラキシーショックを伴う者に一分一秒を争うため、直ちに1:1000アドレナリン0.3〜0.5mlを皮下または筋内注射する。呼吸困難者は酸素吸入を行い、喉頭浮腫が気道を塞いでいる場合は気管切開を考慮する。

2.ホルモンはSteveus-Johson症候群、TEN、重症剥離性皮膚炎型薬疹の患者に対して、早期に大量のグルココルチコイドを使用することは生命を救う肝心な措置である。使用量は臨床症状をコントロールするのに十分であるべきである。症状がコントロールされた後、できるだけ早く減量して薬を止めるべきである。

3.抗ヒスタミン薬はH1受容体拮抗剤を選択し、例えばジフェンヒドラミンは毎回50mg、毎日3回或いは20mg筋肉注射、毎日3回など、皮肢の掻痒と浮腫の緩和に一定の効果がある。

4.水電解質のバランスを保つにはコロイドやタンパク質の入力量に注意し、必要に応じて血液や血漿を輸血する。

5.感染の予防と治療。

6.粘膜障害の処置は3%ホウ酸水で結膜を洗浄し、コルチコステロイド点眼を3時間ごとに行う。

7.皮膚損害の局部治療刺激がなく、保護性があり、かつ一定の収斂作用を有する薬物を選択し、損害の特徴に基づいて治療を行う。

三、軽薬疹に対する治療

一般的に薬を止めた後2〜7日後に皮膚損傷は消退する。全身症状が明らかな場合はプレドニゾン20〜40mg/d相当を経口投与し、皮疹が消退した後は中止または減量する。二次感染の場合は全身性抗生物質を投与する。局部は単純な粉末或いは炉甘石洗剤で鎮痒消炎を行い、びらん滲出液がある時は湿布することができる。

  1. はしか様紅斑型薬疹の合併症、はしか様紅斑型薬疹はどんな病気を引き起こすのか
  2. はしか様紅斑型薬疹の症状、はしか様紅斑型薬疹の早期症状、バイタルサイン
  3. はしか様紅斑型薬疹の紹介−症状−治療−ケア−食事−
  4. はしか様紅斑型薬疹の食事、食事療法はしか様紅斑型薬疹は何を食べればいいのか
  5. 麻疹様紅斑型薬疹のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
分類

お問い合わせ