須癬の原因、須癬にはどのような原因があるのか

須癬の原因、須癬にはどのような原因があるのか

  • 2021-09-09 00:26:17
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 水虫の診断・鑑別-水虫は混同しやすい疾患
  2. 水虫を防ぐにはどうすればいいのか、水虫のケアの取り組み

ひせんびょういん

一、発症原因

本症を引き起こす病原性真菌は多種あり、例えば紫色白癬菌(T.violaceum)、赤色白癬菌(T.rubrum)、須癬白癬菌(T.metagrophytes)、石膏様白癬菌(T.gypseum)及びイヌ小胞子菌(M.canis)、石膏様小胞子菌(M.gypseum)などである。また、表皮水虫菌(E.floccosum)によるものも報告されているが、まれである。病原菌は直接的または間接的に接触感染される。多くは理髪店でひげを剃る際に染まるが、コルチコイド製剤の局所外用は重要な誘因の一つである。

二、発病メカニズム

紫色白癬菌(T.violaceum)、赤色白癬菌(T.rubrum)、須癬白癬菌(T.metagrophytes)、石膏様白癬菌(T.gypseum)及びイヌ小胞子菌(M.canis)、石膏様小胞子菌(M.gypseum)などである。前二者は浅在性損害を引き起こすことができ、後二者は深在性損害を引き起こすことができる。主な表現は片側頚部、ひげ部毛包口に位置する真菌性毛包炎である、

  1. ひげせんの症状、ひげせんの初期症状、バイタルサイン
  2. 水虫の合併症、水虫がどんな病気を引き起こすのか
  3. 水虫の紹介−症状−治療−ケア−食事
  4. 須癬の食事、食事療法、須癬は何を食べればいいのか

お問い合わせ