びまん性外耳道炎の食事、食事療法、びまん性外耳道炎は何を食べればいいのか

びまん性外耳道炎の食事、食事療法、びまん性外耳道炎は何を食べればいいのか

  • 2021-08-15 06:56:25
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. びまん性外耳道炎を防ぐにはどうすればよいか、びまん性外耳道炎のケア策
  2. びまん性外耳道炎びまん性外耳道炎びまん性外耳道炎びまん性外耳道炎びまん性外耳道炎びまん性外耳道炎

びまん性外耳道炎飲食は禁物

食事の适当性:1.冷たいものを食べるべきです;、2.ビタミンの多い食物をとるべきである、3.高たんぱくなものを食べるのがよい。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
ゴーヤ苦瓜は味が冷たく、ビタミンCが豊富に含まれていて、組織の修復を促進し、組織の抵抗力を高める作用があります。毎日200g程度、直接炒めて食べる。
さくらんぼサクランボは栄養価が高く、ビタミン含量も高いため、組織の炎症反応を改善し、組織の修復を促進する効果がある。1日100g程度が適当で、そのまま食べる。
魚肉タンパク質含量が高く、組織の回復を促進するために必要なエネルギー基盤を提供する栄養価の高いタンパク質である。1日200g〜300g程度が適当で、煮込んで服用する
食事の禁忌:1.辛くて刺激的な食べ物を食べることを禁じる;、2.のぼせやすいものは禁物です。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
瓜の種を炒める瓜の種を炒めると火が上がりやすく、火が上がると組織の循環が停滞し、経絡の不通により組織の修復が阻害されることがある。食べないようにしなさい。
からしわさび性味は辛くて、刺激性が大きくて、この病気の回復に不利である。絶対にタブーです。
びまん性外耳道炎の食事の原則

1、外耳道炎の食事療法の方

腎陽虚型

[臨床表現]耳部膿液清稀、耳痛なし、聴力低下、寒がり腰痛、眩暈、耳鳴り、夜尿多、舌薄、苔白、脈沈み細。

[食事療法膳]

1)カイガラムシヤマウズラ:ヤマウズラ1匹、カイガラムシ1対、ショウガ2枚、酒少々。ガマウズラとヤマウズラはむいて洗い、内臓を取り、小口切りにして酒で洗い、ショウガをシチューカップに入れて3時間煮込み、味付けを加えて飲みます。

2)鹿茸枸杞水鴨湯:水鴨1匹、鹿茸5枚、枸杞20グラム、生姜2枚。アヒルは毛と内臓を取り、切り身にして、鹿茸、クコの実、ショウガと3時間煮込み、味付けを加えて食べる。

3)巴戟ジュウヨウ羊肉スープ:羊肉60グラム、巴戟15グラム、ジュウヨウ15グラム、ヨクイニン20グラム、ショウガ3片、ニンニク30グラム。羊肉をきれいに洗って切り身にして、上と一緒に煮て、煮る時まず強火で煮て、弱火にして3時間煮て、味をつけて服用します。

腎陰虚型

[臨床表現]耳内膿液色白或いは黄密、聴力低下、腰膝酸軟、眩暈、耳鳴り、多夢、口苦咽乾、潮熱、舌紅無苔、脈細数。

[食事療法膳]

1)二地二冬豚脊スープ:豚脊髄200g、熟地15g、生地15g、麦冬20g、天冬20g。全体をよく洗ってシチューカップに入れ、水を入れて适量、弱火で3時間煮込んで味をつけて食べる。

2)ナツメ肉丸い肉クコのこ粥:ナツメ肉15グラム、丸い肉20グラム、クコのこ20グラム、うるち米100グラム、粥を煮て、粥が煮た後に適量の白砂糖を加えて味をつけて服用する。1日2回。

3)熟地なまこスープ:熟地30グラム、なまこ60グラム、シチューに入れ、清水適量、弱火で2時間煮込んで味をつけて食べる。

2、外耳道炎はどんな食べ物を食べて体に良いですか?

1)ふだん野菜や果物を多めに食べる。例:豚の肝、馬のひづめ(クワイ)、レンコン、トマト、リンゴ、提げ、赤大根、ほうれん草、雪梨など。

2)術後に栄養が豊富で、あっさりしていて消化しやすく、ビタミンや蛋白質が豊富な半流動食や軟食を与え、硬いなどの刺激的なものを避ける

3、外耳道炎はどんな食べ物を食べないほうがいいですか?

10すべての海の味の新鮮なもの、ザーサイ、カラシナ、雪里紅などの食品を禁じる。

2)病気の期間中、酒類、辛い食品(例えば長ネギ、ニンニク、ニラ、唐辛子、コショウ、カラシナ、シェリーレッド、ショウガ、カレー)、生臭い物、淡水製品、魚介類を禁じる。

(以上の資料は参考までです。詳細は医師にお問い合わせください)

  1. びまん性外耳道炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. びまん性外耳道炎の原因、びまん性外耳道炎にはどのような原因があるのか
  3. びまん性外耳道炎の合併症、びまん性外耳道炎はどんな病気を引き起こすのか
  4. びまん性外耳道炎の検査およびびまん性外耳道炎の診断
  5. びまん性外耳道炎の症状、びまん性外耳道炎の早期症状、バイタルサイン

お問い合わせ