麦粒腫の食事、食事療法、麦粒腫は何を食べたらいいのか

麦粒腫の食事、食事療法、麦粒腫は何を食べたらいいのか

  • 2021-08-14 11:21:04
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 麦粒腫の治療方法,麦粒腫の治療方法,麦粒腫の薬
  2. 麦粒腫の症状、麦粒腫の初期症状、バイタルサイン

麦粒腫の飲食は禁物である

飲食適当:1.あっさりしていて、消化しやすい食べ物を食べるのが適当です。2.新鮮な野菜、果物を食べるべきである。3.ビタミンの多いものを食べるのがよい

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
やまいも豊富になりやすく、消化しやすい。自然薯には多くの栄養素が含まれていて、体を丈夫にする作用があります。スープを焼いたり、食べ物を煮たり、丸を作ったり、散らしたりする。
黄花菜熱を解いて毒を解き、血を散らして腫れを消すことがスープを飲んでおかずを食べる。湯液200ml/回、2回/日、朝、晩に服用した。
たんぽぽ熱を冷やして毒を解き、腫れを消して結節を散らすことタンポポ500グラムを選んで、きれいに洗って、汁を絞って飲みます。
食事のタブー:1.辛くて刺激的なものは禁物。2.酒とたばこは禁物です。3.揚げ物を避ける4.高塩分・高脂肪食を避ける
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
漬物ニンニクは辛くて、血を傷つけて、病気を悪化させる。食べないようにしなさい。
唐辛子辛、甘、大ヒット。刺激が強い。麦粒腫の症状を悪化させることがあります食べないようにしなさい。
性質は温熱で、炎症反応を加重する。麦粒腫の重症化を引き起こす服用はできるだけ避け、アルコール性飲料も避けましょう。
麦粒腫の食事原則

一、麦粒腫の食事療法:

1.菊甘草のスープ

1)原料:白菊50グラム、生甘草5グラム。

2)作り方:水2ボウル、2味を30分浸し、10分ゆで、かすを取る。温熱時代のうちにお茶を頻繁に飲み、1剤/日。

3)機能:風清熱、痛みと腫れ毒を除去する。(4)主治:麦粒腫、証は風熱襲表に属する者。

2.金銀花露

1)原料:スイカズラ適量。

2)作り方:スイカズラを水に浸した後、煎じて蒸留して得る。金銀花液を15~20ml/回、3回/日服用する。

3)機能:清熱解毒。(4)主治:麦粒腫、証属風熱毒邪外客者。

3.ゴボウの葉をさらす

1)原料:新鮮なごぼうの葉250グラム、薬味適量。

2)作り方:ゴボウの葉はよく洗い、小口切りにして、火の通りに炒め、黄酒、調味料を加えてよく混ぜて火を止める。1剤/日、佐膳、分飯之。

3)機能:疎風熱放散、熱解毒。(4)主治:風熱型麦粒腫痛。

4.タンポポのあえもの

1)原料:新鮮なタンポポ200グラム、ゴマ油、精塩、味の素などの調味料各適量。

2)作り方:ボウル1でゆで、タンポポを沸騰した湯に1分吸わせて取り出し、小刻みにし、調味料を加えて料理する。タンポポ500グラムも選べ、洗ってジュースを絞って飲む。

3)機能:清熱解毒、消腫散結。主治:麦粒腫、目赤腫痛の熱毒諸症を認めた。

5.クチナシ仁粥方

1)原料:クチナシ仁6グラム(搗いて末にする)、うるち米50グラム。

2)作り方:うるち米で粥を煮て、熟した時に下でクチナシの仁末をかき回して、温服する。食事、1剤/日。

3)機能:清熱解毒、冷血と胃。(4)主治:麦粒腫、証属は心肝炎旺、症状は目赤腫痛を認めた。

6.ハトムギ参葉粥

1)原料:ヨクイニン(鮮者)50グラム、朝鮮人参の葉6グラム、うるち米100グラム。

2)作り方:人参葉を水揚げし、液体200mlを取る。よくい仁、うるち米を洗って、鍋の中に入れて、人参の葉の煎じ液と水の適量を加えて、沸騰した後、とろ火で煮込んで、食用に供します。

3)機能:健脾益胃利湿。(4)主治:麦粒腫、病状は脾胃虚弱、運化無力、症状は病気が長く或いは繰り返し発病する著者。

7.長芋のあめ煮

1)原料:長芋500グラム、白砂糖150グラム。

2)作り方:長芋はよく洗って皮をむき、ホブ切りにして熱湯にかけ、水気を切り、油鍋で五味が熟れるまで揚げる。皮が黄色になるまで揚げる。フライパンに油50ミリリットルを入れ、文火で四熟成するまで焼き、砂糖を入れ、きつね色になったら、長芋を入れ、火から離してよく炒める。

3)機能:胃健脾、固腎益精。(4)主治:麦粒腫、脾胃虚弱、正虚邪実、症状に目赤腫痛が繰り返し発生した。

8.黄花菜スープ

1)原料:黄花菜、スベリヒユ各30g。

2)作り方:黄花菜、スベリヒユを洗って、鍋に入れ、水を適量加えて、炒めます。スープを飲んでおかずを食べる。湯液200ml/回、2回/日、朝、晩に服用した。

3)機能:清熱解毒、散血消腫。(4)主治:麦粒腫の赤腫が比較的に多い者。

9.ほうれん草の菊のスープ

1)原料:ホウレンソウ種子30グラム、野菊40グラム。

2)作り方:ほうれんそうの種、野菊の花をよく洗い、鍋に入れ、水600ミリリットルを加え、300ミリリットルまで煎じ、汁をこしればいい。飲用は150ml/回、2回/日である。

3)機能:清熱解毒。(4)主治:熱毒型目赤腫痛者。

10.桑菊ダイズソテー

1)原料:大豆60グラム、杭菊、冬桑葉各15グラム、白砂糖30グラム。

2)作り方:大豆を浸し、洗って、杭菊の花、冬桑の葉と一緒に鍋に入れて、水600ミリリットルを加えて、200ミリリットルを煎じて、白砂糖を加えて、溶かして完成する。200ml/回、2回/日服用。

3)機能:疎風清熱、消腫れて利水する。(4)主治:麦粒腫は風熱襲表に属する。

11.豚膵クワイのスープ

1)原料:クワイ250グラム、セミの抜け殻10グラム、ヘビの抜け殻6グラム、豚の膵臓1具。

2)作り方:豚膵臓は膜を取り、きれいに洗い、切り身を切る。クワイを洗い、薄切りにし、豚の膵臓と一緒に鍋に入れ、セミの抜け殻、ヘビの抜け殻及び水を入れて适量を煮、肉が煮るまでセミの抜け殻、ヘビの抜け殻を取り、少々の油、塩を加えて味を調える。200~300ml/回、1回/日服用し、肉やスープ、食事をします。

3)機能:疎風消腫、清熱生津。(4)主治:麦粒腫、病状に見られた病気が治らず、また再発した者。

12.夏枯草のゆで卵

1)原料:夏枯草120g、卵1~2個、ミント20g。

2)作り方:夏枯草、卵に水を加えて适量を煮て、卵を熟して殻をむき、次に煮て、ミントを加えて、約10分煮ます。卵を食べてスープを飲んで、薬/日。

3)機能:清肝明目。(4)主治:麦粒腫、病歴久邪盛正既に虚者に属する。

二、麦粒腫はどのような食べ物を多く食べて体に良い:

1.麦粒腫患者の局部表現は赤、腫れ、熱、痛み及び口が苦く、飲み干すなどの症状であり、熱毒旺盛な症状を呈し、そのため清熱涼血生津の瓜果、野菜、例えばスイカ、キュウリ、ゴーヤなどを選択し、或いは多く水、野菜スープなどを飲んで、その毒熱を小便に合わせて解かせるべきである。

2.麦粒腫患者は局部の熱と赤痛以外に、常に熱と悪寒、全身不調などの症状を併発することができ、そのため、あっさりした、消化吸収しやすい食物を主とするべきで、辛熱しゃ、肥甘油脂っこいなどの熱を助けて火を起こすものを食べることを避け、稀粥、めんつゆなどの消化吸収しやすい食物を選ぶことができる。

3、.はいつも繰り返し著者、多くはその脾虚気弱のため、正に邪の致すところに堪えず、ふだん薬食は扶脾益気、養血と営の品を使うべきで、例えば自然薯、ヨクイニン、当帰、用扶正托毒、おはらい外達。

三、麦粒腫はどんな食べ物を食べないほうがいいですか:

この病気の治療は涼散を原則とし、薬食の選択は清熱解毒に役立つべきで、例えば雄鶏、鯉、エビ、羊肉、豚頭肉などの生臭い乾燥した髪の物を食べないようにし、辛く揚げて刺激する品に対しても禁ずるべきである。

(以上の資料は参考までです。詳細は医師にお問い合わせください)

  1. どうすれば麦粒腫を予防できるか、麦粒腫のケア策
  2. 麦粒腫のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  3. 麦粒腫の原因、麦粒腫にはどのような原因があるのか
  4. 麦粒腫の合併症、麦粒腫がどんな病気を引き起こすか
  5. 麦粒腫の検査、麦粒腫の診断
分類

お問い合わせ