アレルギー性結膜炎の食事、食事療法、アレルギー性結膜炎は何を食べればいいのか

アレルギー性結膜炎の食事、食事療法、アレルギー性結膜炎は何を食べればいいのか

  • 2021-08-15 03:36:45
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. アレルギー結膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. アレルギー結膜炎の原因、アレルギー結膜炎にはどのような原因があるのか

アレルギー性結膜炎の食事の原則

アレルギー性結膜炎のための食事療法

アレルギー性結膜炎の食事療法:

1.菊竜井茶:

菊10グラム、竜井茶3グラム、お湯で入れて飲む。疎風熱、清頭目の効果がある。高血圧、肝炎頭痛、眼結膜炎などに適している。

2.肝炎、頭痛、眼結膜炎の治療:

昆布20グラム、草決定明30グラム、水揚げ、昆布を食べてスープを飲む。1日2回。

3.ゴーヤの赤身スープ:

新鮮なゴーヤは200グラムぐらいで、歯を取って切り身にして、豚の赤身肉は100グラムで、スライスします。鍋に水を入れてスープを煮る。煮込んだら適量の塩を加えて味をつけて食べる。清熱解暑、明目除毒作用がある。暑さ、暑さ、熱、眼結膜炎などに適している。

4.すずめの糞:

白丁香研細末、少し氷片研を加えてむらなくして、乳を使ってペースト状に調合して、少し目を取って、毎日3~5回。目の結膜炎を治療し、角膜生を治療する。

5.新鮮なオオバコ60-100グラム(乾燥品用20-30グラム)、豚の膀胱200グラムと煮スープ、少しの食塩を加えて味をつけて食べる。清熱利湿、利尿通淋作用がある。民間では尿道炎、膀胱炎、眼結膜炎、女性湿熱白帯或いは黄帯などの病気によく用いられる。

6.桑の葉と豚の肝スープ:

桑の葉10~20グラム、豚の肝100グラムをスライスしてスープを煮、煮込んだ後に少し食塩を加えて味をつけて食べる。疎風清熱、養肝明目作用があり、眼結膜炎、夜盲、肝熱頭目疼痛などの症に応用できる。

7.構成:

濃茶適量、塩少々。用法:濃い茶に塩を少し加えて、外で患眼を洗う。

8.構成:

緑茶1グラム、桑の葉5~15グラム、菊15グラム、甘草5グラム。使用法:350mlの水を加えて5分間煮沸し、3回に分けて食後に服用し、毎日1剤。説明:桑叶用量例えば涙、羞明比較的甚だしく多用することができる。

9.構成:

茶叶适量、卵数個。例:茶叶と卵を煮て食べる。毎日3回、毎回2匹、3~5日連用する。

10.構成:

緑茶10グラム、キクラゲ25グラム、卵2個。用法:水2碗を入れて1碗に煮、スープとキクラゲ、卵を入れて食べる。

アレルギー性結膜炎の患者は何を食べればいいですか?

少しあっさりして、消化しやすくて、栄養に富んだ食品を食べて、例えば豚の赤身の肉、豚の肝臓、ウサギの肉、羊の肉など。新鮮な果物、例えばバナナ、雪梨、リンゴ、メロン、ブドウ、楊桃、竜眼肉などをよく食べる。果汁、澄み汁、ブドウ糖などを飲むのがよい。

アレルギー性結膜炎は何を食べるのに適していませんか?

唐辛子、胡椒、ビーフカレー、チキンカレー、揚げ物、揚げ物ピーナツ、揚げ物のそら豆など、刺激的で刺激的なものを断食しなければならない。冷凍ジュース、冷凍サイダー、豚、すっぱい魚、海老、カニなど、生の冷たい冷たい脂っこい生臭さの食品を断食する。濃いお茶、濃いコーヒーなどの吃烟は禁物です。

  1. アレルギー結膜炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. アレルギー結膜炎の合併症、アレルギー結膜炎はどんな病気を引き起こすのか
  3. アレルギー結膜炎の検査、アレルギー結膜炎の診断
  4. アレルギー結膜炎の治療方法、アレルギー結膜炎の治療方法、アレルギー結膜炎の薬
  5. アレルギー結膜炎の症状、アレルギー結膜炎の早期症状、バイタルサイン

お問い合わせ