アンチモン及びその化合物による皮膚病の原因、アンチモン及びその化合物による皮膚病の原因はどのようなものか

アンチモン及びその化合物による皮膚病の原因、アンチモン及びその化合物による皮膚病の原因はどのようなものか

  • 2021-09-11 01:56:23
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. アンチモン及びその化合物に起因する皮膚疾患の検査、並びにアンチモン及びその化合物に起因する皮膚疾患の診断
  2. アンチモン及びその化合物による皮膚病の食事、食事療法、アンチモン及びその化合物による皮膚病は何を食べればいいのか

アンチモンおよびその化合物によって引き起こされる皮膚疾患の原因

一、発症原因

アンチモンの皮膚に対する作用機序は原発性刺激である。

二、発病メカニズム

アンチモンの皮膚に対する作用機序は原発性刺激である。その全身性毒性作用はアンチモンが体内のメルカプト基と結合し、スチルビネ酸オキシダーゼなどの活性を抑制し、それによって糖代謝を妨害し、或いは細胞内の電解質のバランスを破壊し、体内の代謝障害と組織損害を引き起こす可能性がある。

  1. アンチモン及びその化合物による皮膚疾患のケア−ケア上の注意点−食事の禁忌
  2. アンチモン及びその化合物による皮膚疾患の合併症、アンチモン及びその化合物による皮膚疾患はどのような疾患を引き起こすのか
  3. アンチモン及びその化合物による皮膚疾患の症状、アンチモン及びその化合物による皮膚疾患の早期症状、徴候
  4. アンチモン及びその化合物による皮膚疾患の診断・鑑別−アンチモン及びその化合物による皮膚疾患紛らわしい疾患
  5. アンチモン及びその化合物による皮膚疾患を予防するにはどうすればよいか、アンチモン及びその化合物による皮膚疾患のケア対策
分類

お問い合わせ