アンチモン及びその化合物に起因する皮膚疾患の検査、並びにアンチモン及びその化合物に起因する皮膚疾患の診断

アンチモン及びその化合物に起因する皮膚疾患の検査、並びにアンチモン及びその化合物に起因する皮膚疾患の診断

  • 2021-09-11 01:58:17
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. アンチモン及びその化合物による皮膚疾患の症状、アンチモン及びその化合物による皮膚疾患の早期症状、徴候
  2. アンチモン及びその化合物による皮膚疾患の合併症、アンチモン及びその化合物による皮膚疾患はどのような疾患を引き起こすのか


アンチモン及びその化合物による皮膚疾患の一般検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
皮膚損傷皮膚皮膚病保健科疼痛皮膚損傷は多種多様な皮膚に対して...
本症は主に顔面、頸部及び上肢などの露出部位に発生し、蕁麻疹を引き起こすことがある。1%アンチモン酸ナトリウム水溶による皮膚パッチ試験では2.2%の陽性率を示した。そのほか、アンチモンは生産者の髪の毛、爪中のシスチン含有量を低下させることができると報告されており、舌面に濃い緑色の苔が現れることはアンチモンの職業中毒の特殊な表現の一つであるため、検査は主に皮疹の特徴及び爪中のシスチン含有量の測定に基づいている。次にアンチモン中毒によりメルカプト基が破壊され溶血が誘発される。

  1. アンチモン及びその化合物による皮膚疾患紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. アンチモン及びその化合物による皮膚病の原因、アンチモン及びその化合物による皮膚病の原因はどのようなものか
  3. アンチモン及びその化合物による皮膚疾患を予防するにはどうすればよいか、アンチモン及びその化合物による皮膚疾患のケア対策
  4. アンチモン及びその化合物による皮膚疾患の診断・鑑別−アンチモン及びその化合物による皮膚疾患紛らわしい疾患
  5. アンチモン及びその化合物による皮膚病の治療方法、アンチモン及びその化合物による皮膚病の治療方法、アンチモン及びその化合物による皮膚病の薬
分類

お問い合わせ