ガソリン・灯油中毒の予防方法、ガソリン・灯油中毒の看護対策

ガソリン・灯油中毒の予防方法、ガソリン・灯油中毒の看護対策

  • 2021-10-26 04:58:44
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ガソリン中毒と灯油中毒の介護-介護上の注意-ダイエットタブー
  2. ガソリンと灯油の中毒の紹介-症状-治療-看護-食事療法

ガソリンや灯油中毒の予防

1.救急医療:

出血傾向のある人は、ビタミンCとkを含む食品をより多く食べることができます。ビタミンCは野菜や果物、特に新鮮な日付、コショウ、柑橘類、potherbマスタード、緑のニンニク、黄金のカリフラワー、カリフラワー、緑の葉野菜に広く分布しており、肝臓や腎臓などの動物の肛門も豊富です。取ることに注意を払ってください。ビタミンCが不足すると結合組織の形成が悪くなり、毛細血管の血キャンプ壁が健全でなくなり、もろさが増し、出血しやすくなります。ビタミンKはプロトロンビンの合成を促進することができます。アルファルファ植物や緑の野菜では、ビタミンKの含有量が比較的高く、植物油にもかなりの含有量があるため、注意が必要です。

患者の失血、体温、呼吸、脈拍、血圧、排尿、精神状態、および全身状態の変化を注意深く観察する必要があります。大量の出血、青白い顔色、冷たい手足、血圧の低下、乏尿、神経過敏、不安、無関心、錯乱、さらには昏睡がある場合、これは出血性ショックであり、すぐに病院に送る必要があります。

水の摂取量を制限します。普通の人の24時間尿量は1500mlで、重度の浮腫のある人のほとんどは同時に乏尿になります。このとき、塩だけでなく水分摂取も同時に制限する必要があります。軽度の浮腫の場合、水分摂取量は約1000 mlに制御する必要があります。浮腫が重度で乏尿の場合は、水分摂取量を約500mlに減らす必要があります。

  1. ガソリンと灯油中毒の食事療法、食事療法、ガソリンと灯油中毒のために何を食べるか
  2. ガソリン・灯油中毒の原因、ガソリン・灯油中毒の原因は?
  3. ガソリンと灯油の中毒を診断して区別する方法-ガソリンと灯油の中毒は病気を簡単に混乱させる可能性があります
  4. ガソリンと灯油中毒の合併症、ガソリンと灯油中毒によってどのような病気が引き起こされるか
  5. ガソリンと灯油中毒の治療、ガソリンと灯油中毒をどうするか、ガソリンと灯油中毒薬
分類

お問い合わせ