ガラス繊維に起因する皮膚疾患の検査、ガラス繊維に起因する皮膚疾患の診断

ガラス繊維に起因する皮膚疾患の検査、ガラス繊維に起因する皮膚疾患の診断

  • 2021-09-09 00:08:16
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ガラス繊維による皮膚病の診断・鑑別−ガラス繊維による皮膚病混同しやすい疾患−
  2. ガラス繊維による皮膚病のケア−ケアの注意点−食事のタブー

ガラス繊維による皮膚疾患の一般的な検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
白癬菌試験皮膚皮膚病皮膚応急処置白癬菌の検査は...
皮膚試験全身皮膚病皮膚検査は...
じっけんしつけんさ

⑴皮膚組織病理検査:一部の皮膚疾患に特有な病理変化があり、これにより確定診断と鑑別診断が可能である。

⑵皮膚試験:

①斑巾試験。接触性アレルゲンの検査に用いられる。

②スクラッチ試験またはピゴン試験。ある物質にアレルギー反応(I型)があるかどうかを測定するのに用いられる。

③ハンセンマイシン試験。ハンセン病患者の免疫状態の判断に用いられる。

④白癬菌素試験。白癬菌疹の診断に役立つ。

(3)微生物検査:皮膚真菌、麻風桿菌、発疹虫検査は相応の皮膚病の診断に役立つ。

  1. ガラス繊維による皮膚病紹介−症状−治療−ケア−食事−
  2. ガラス繊維による皮膚病の症状、ガラス繊維による皮膚病の早期症状、バイタルサイン
  3. ガラス繊維による皮膚病の病因、ガラス繊維による皮膚病はどのような原因があるのか
  4. ガラス繊維による皮膚病の合併症、ガラス繊維による皮膚病はどんな病気を引き起こすのか
  5. ガラス繊維による皮膚病を防ぐにはどうすればよいか、ガラス繊維による皮膚病のケア対策

お問い合わせ