ガラス繊維による皮膚病の症状、ガラス繊維による皮膚病の早期症状、バイタルサイン

ガラス繊維による皮膚病の症状、ガラス繊維による皮膚病の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-09-09 00:06:14
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ガラス繊維による皮膚病の病因、ガラス繊維による皮膚病はどのような原因があるのか
  2. ガラス繊維による皮膚病を防ぐにはどうすればよいか、ガラス繊維による皮膚病のケア対策

ガラス繊維によって引き起こされる皮膚病症状

典型的な症状:散在あるいは密集して片になる炎症性丘疹と水腫性紅斑であり、あるものは糜爛或いは浅い潰瘍を呈する;皮膚が血走ったり、くずが抜けたり、病気が長引くと、乾燥したり裂けたりする

関連症状:水腫丘疹皮膚掻痒

一、症状

皮膚損傷表現の類型及びその原因をそれぞれ以下に紹介する。

1.湿疹様皮膚炎型は糸引き工に最も多く見られ、皮膚損傷は主に両手の甲、指節背面、腕部、前腕に分布し、その次は顔面、頚部、上腕、下肢及び足背などである。散在或いは密集して片になる炎症性丘疹及び水腫性紅斑であり、ある者はびらん或いは浅い潰瘍を呈している。病期の長いものは湿疹のように変化したり、あかぎれを呈したりする。病期の長さは様々で、潤滑剤の接触を止めれば1週間程度で完治する。本型の原因は潤滑剤の原発性刺激作用であり、少数の人はすでに発症した上で潤滑剤にアレルギー反応を起こすことがある。その中で発病と最も関係が大きいのはジシアノジアミンホルムアルデヒド樹脂であり、それは約2%の遊離ホルムアルデヒドを含むため、病気の原因となる可能性がある。各種ガラス繊維製品の生産中に発生する皮膚炎は各種の粘着剤としての合成樹脂と関係がある。

2.指端限局性皮膚炎はすべて糸と織工に発生した。皮膚損傷は右手親指、示指屈面及びその両側に限る。主な症状は皮膚の発赤、脱屑、病気が長い者は乾燥、裂裂であり、冬になると発病者は特に普遍的である。本型は接着剤の直接刺激と関係がある。

3.爪床の前縁の剥離は、潤滑剤に接触している伸線作業員に見られる。病変は潤滑剤の接触が最も多い左手の第2、3、4指がよく見られる。爪先端遊離縁半月形分離、食空、主覚疼痛と表現した。硝子糸の爪床前縁への刺入による局部紅腫があった。

4.散在性丘疹は主に伸線作業者に見られる。両手の甲、腕屈面及び手のひらに好発する。針から粟の大きさの丘疹であり、その先端に黒い点状のくぼみがあり、一般に炎症がなく、圧痛がある。本型は、比較的太いガラス糸が機械的作用により皮膚を刺すことによるものである。

5.皮膚のかゆみは、主に潤滑剤を使用しない糸引き及び綿引き作業の労働者にみられる。単純な痒みとして現れる。首、四肢及び腰背部によく発生し、夏に多く見られる。仕事帰りにシャワーを浴びるとよく消える。主にガラス糸屑の刺激によるものである。

6.火傷は線引き作業者の手の甲と前腕の屈側に偶然見られ、小さく浅い潰瘍または線状の傷痕を呈した。主に灼熱のガラス糸の破片が皮の表面に落ちることによって引き起こされる。

7.顔面の熱激紅斑が珍しい。主に炉の高温放射を長時間受けた結果である。

二、診断

ガラス繊維工業の糸引き工、糸組み、製織工及びガラス繊維製品を生産する労働者、皮膚損傷表現の類型は湿疹様皮膚炎型、指端限局性皮膚炎、爪床前縁剥離、散在性丘疹、皮膚掻痒、火傷、顔面熱紅斑などがあり、診断することができる。

  1. ガラス繊維による皮膚病のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. ガラス繊維による皮膚病の合併症、ガラス繊維による皮膚病はどんな病気を引き起こすのか
  3. ガラス繊維による皮膚病の治療方法、ガラス繊維による皮膚病の治療方法、ガラス繊維による皮膚病の薬
  4. ガラス繊維による皮膚病の診断・鑑別−ガラス繊維による皮膚病混同しやすい疾患−
  5. ガラス繊維による皮膚病の食事、食事療法、ガラス繊維による皮膚病は何を食べればいいのか

お問い合わせ