ガラス繊維による皮膚病の病因、ガラス繊維による皮膚病はどのような原因があるのか

ガラス繊維による皮膚病の病因、ガラス繊維による皮膚病はどのような原因があるのか

  • 2021-09-09 00:06:40
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ガラス繊維による皮膚病紹介−症状−治療−ケア−食事−
  2. ガラス繊維による皮膚病の合併症、ガラス繊維による皮膚病はどんな病気を引き起こすのか

ガラス繊維による皮膚病の原因

一、発症原因

ガラス繊維工業の伸線工、糸組み、製織工及びガラス繊維製品の生産労働者は、潤滑剤の接触が比較的に多い伸線工は比較的に多く見られ、糸組み、製織工及びガラス繊維製品の生産労働者の中にも時々見られ、発病と勤続年数の長さは明らかな関係がない。発症前接触期間は、潤滑剤に接触した伸線工では、就労1〜2カ月後に発症することが多い。初回接触1〜2日後に発症することがある。その中で発病と最も関係が大きいのはジシアノジアミンホルムアルデヒド樹脂であり、それは約2%の遊離ホルムアルデヒドを含むため、病気の原因となる可能性がある。各種ガラス繊維製品の生産中に発生する皮膚炎は各種の粘着剤としての合成樹脂と関係がある。

二、発病メカニズム

ガラス繊維は細くて質が軽くて、そのくずは職場で舞い上がり、極めて作業衣の上及び頭面、手などの露出部位に付着しやすくて、甚だしきに至っては下着にもぐり込んで腰と腹部に付着する。潤滑剤としては、ジシアンジアミンホルムアルデヒド樹脂(固定剤)、ステアリン酸、トランスオイル、ピンピン加などを配合した乳化剤を主に用いる。操作中に潤滑剤は常に手と前腕、甚だしきに至っては顔面と足の背などのところに付着する。原因は潤滑剤の原発性刺激作用であり、少数の人はすでに発病した上で潤滑剤にアレルギー反応を起こすことができる。その中で発病と最も関係が大きいのはジシアノジアミンホルムアルデヒド樹脂であり、それは約2%の遊離ホルムアルデヒドを含むため、病気の原因となる可能性がある。各種ガラス繊維製品の生産中に発生する皮膚炎は各種の粘着剤としての合成樹脂と関係がある。

  1. ガラス繊維による皮膚病のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. ガラス繊維による皮膚病の治療方法、ガラス繊維による皮膚病の治療方法、ガラス繊維による皮膚病の薬
  3. ガラス繊維による皮膚病の症状、ガラス繊維による皮膚病の早期症状、バイタルサイン
  4. ガラス繊維による皮膚病の診断・鑑別−ガラス繊維による皮膚病混同しやすい疾患−
  5. ガラス繊維による皮膚病の食事、食事療法、ガラス繊維による皮膚病は何を食べればいいのか

お問い合わせ