ギョウ虫性ギョウ虫炎の治療法ギョウ虫性ギョウ虫炎の治療法ギョウ虫性ギョウ虫炎の薬

ギョウ虫性ギョウ虫炎の治療法ギョウ虫性ギョウ虫炎の治療法ギョウ虫性ギョウ虫炎の薬

  • 2021-08-13 10:37:26
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ギョウ虫性膣炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. ギョウ虫性膣炎の合併症ギョウ虫性膣炎はどんな病気を引き起こすのか

ギョウ虫性膣炎の診療知識

受診科:婦人科治療費用:市三甲医院約(500~1000元)治愈率:治療周期:治療方法:漢方薬治療、西洋薬治療ギョウ虫性膣炎の一般治療

一.薬物治療

1.内服療法

(1)トルダゾール(トルイミダゾール、安楽士、Mebendazole):小児では4〜6mg/kg、頓服。成人為200mg、頓服;または100mg、2回/d、3日間の連用。

(2)アルベンダゾール(プロチオダゾール、腸虫清、Albendazole):小児は100〜200mg、頓服。成人為400mg、頓服;または100mg、1回/d、7日間の連用。WHO推薦>2歳の場合、いずれも400mg、頓服が使用可能である。

(3)チアピリミジン(ジナフタリンヒドロキシル酸チアピリミジン)10mg/kg、毎日寝る前に頓服し、連続3日間。

(4)ピペラジン(クエン酸ピペラジン、ドライシナ、Piperazine)50mg/kg、1回/d、連続7〜10日。

(5)緑緑霊(pyrvinium embonate):5mg/kg、頓服。少数の患児は服用後吐き気、嘔吐、腹痛、下痢がある。

(6)複方アルベンダゾール(セターズ):1錠あたりアルベンダゾール67mg、チアピリミジン83.3mgを含む。2歳以上1.5錠の頓服、治癒率100%。

(7)エチレンエクオール:0.1mgエチレンエクオール、1日1回、2週間後は週2回に変更し、4〜6週間の継続投与が可能であり、時間が経つと第二次性徴発育を惹起する。

以上の各薬のいずれかを選択すればよく、2〜4週間の間隔をあけて1回繰り返し投与する。早期妊婦の女性及び2歳以下の児童は禁止する。

2.外用療法

ギョウ虫軟膏(百部エキス3%、甲紫0.2%を含む)、10%酸化亜鉛軟膏、2%塩化アンモニア水銀(白降水銀)軟膏、1%ペパーミント軟膏、10%硫黄軟膏などだ。

局所的にエストロゲン軟膏を使用することは炎症の消退を促進し、0.1mgのエチレンエクオール軟膏を小綿棒で膣の奥に塗布し、1日1回、計2週間塗布した。以後3〜4日に1回、計4〜6週間治療する。

外陰は1:10000過マンガン酸カリウム座って入浴することができる。

小陰唇癒着は、上または下の小孔に沿って小屈曲鉗子をそっと挿入して分離することができ、このような分離手術は容易に行うことができ、麻酔を必要としない。

二.洗浄療法

膣内に挿入された消しゴム導尿管を介して0.5〜1%の乳酸溶液を用いて膣を洗浄し、この導尿管を介してスルファミン又は抗生物質乳剤を注入してもよい。1日1回5~7日を1クールとする。

センレンシ、生百部、食酢、10%高張食塩水、1%〜5%の石鹸水などの注腸を用いて、毎回100〜400mlに感染した者に用いることができる。

3.予後

徹底的に治療した後、1ケ月以内に臨床症状やバイタルサインが発生せず、糞便検査で卵がないと治癒した。

ギョウ虫性膣炎の弁証的治療

一、漢方薬の民間療法

(1)全身治療:殺虫を目的とする。

①百部粉:百部を炒め、粉を研ぎ、毎歳0.9〜1.2g/d、最大用量8g、3回/d、3日間服用する。

②使役君子は、外皮を取り除き、炒め熟す。1日投与量は1歳あたり1g(1粒半)、1日3回分服、計3日間であった。服を飲んだ後は水を飲んではいけない、逆をしないように。百部と同量で服用するとさらに効果的だ。

③ほかに、センダン皮、雷丸などを服用してください。

(2)局所治療:

ミズバショウ水とニンニク液を肛門に注入して局所治療を行い、経口薬と併用して行うことができる。

生百部30g、ウメ15g、水300mlを加えて100mlまで煎じ、50〜100mlで浣腸保留し、毎晩1回、5〜10回を1コースとした。

六神丸肛門塞栓治療:漢方薬六神丸、7歳以下の者は5粒、8歳以上の者は10粒、毎日1回、計5日間、治癒は97.10%に達する。

  1. ギョウ虫性膣炎の予防方法ギョウ虫性膣炎のケア策
  2. ギョウ虫性膣炎の原因ギョウ虫性膣炎にはどんな原因があるのか
  3. ギョウ虫性膣炎の検査、ギョウ虫性膣炎の診断
  4. ギョウ虫性膣炎の症状、ギョウ虫性膣炎の初期症状、バイタルサイン
  5. ギョウ虫性膣炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
分類

お問い合わせ