コンピュータ視覚症候群の紹介−症状−治療−看護−食事

コンピュータ視覚症候群の紹介−症状−治療−看護−食事

  • 2021-08-15 07:19:56
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. コンピュータ視覚症候群の症状、コンピュータ視覚症候群の初期症状、バイタルサイン
  2. コンピュータビジョン症候群の食事、食事療法、コンピュータビジョン症候群は何を食べればいいのか

コンピュータ視覚症候群の概要

コンピュータビジョン症候群、略してCVS(Computer Vision Syndrome)。aoa(米国眼科協会)が提唱した名詞です。コンピュータ使用者に、目のだるさや体調不良を感じるように指示する。生産性に影響を及ぼす症状です。この症状は、毎日パソコンをよく使う人の7割5~9割を悩ませており、その数は世界で6千万人近くに達している。コンピュータビジョン症候群の症状には、頭痛、めまい、嘔吐、鋭い目の痛み、乾燥、倦怠感、発赤、炎症、視力のぼやけ、衰弱、近視や乱視度の悪化などがある。

,

コンピュータ視覚症候群の基本的な知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 発症部位:眼
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多発者:パソコンを頻繁に使用している人
  • 関連症状:頭痛、めまい、両眼が乾いている

  1. PCビジョン症候群を防ぐにはどうすればいいか、PCビジョン症候群のケア対策
  2. コンピュータビジョン症候群の合併症コンピュータビジョン症候群がどのような病気を引き起こすのか
  3. コンピュータ・ビジョン・シンドロームの原因コンピュータ・ビジョン・シンドロームには何があるのか
  4. コンピューター視覚症候群の治療法,コンピューター視覚症候群の治療法,コンピューター視覚症候群の薬
  5. コンピュータ視覚症候群の検査、コンピュータ視覚症候群の診断

お問い合わせ