セックスレス受診ガイド−セックスレス−

セックスレス受診ガイド−セックスレス−

  • 2021-09-18 12:50:17
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. セックスレスの原因、セックスレスにはどんな原因があるのか
  2. セックスレス検査、セックスレス診断
セックスレス受診ガイドライン:セックスレス患者が病院を受診する時によく出現する疑問に対して回答を行い、例えば:セックスレスは何科の番号をかけますか?セックスレス検査前の注意点は?医者は普通何を聞きますか。セックスレスはどのような検査をしますか?セックスレス検査の結果はどう思いますか。待ってくれ。セックスレス受診ガイドラインはセックスレス患者の受診を便利にし、セックスレス患者の受診時の疑惑問題を解決することを目的とする。
典型的な症状
性欲の減退、抑うつ、性癖の悪さ
診療科の受診を勧める
生殖健康
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は2日、再診は半日ずつ予約する
再診頻度/診療期間
外来診療:毎週再診して性欲減退がある程度緩和した後、不調を伴って診察した。
診察前の準備
特別な要求はなく、注意して休む。
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、不妊、女性不妊などの付随症状がある?
4、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査の結果は何ですか。
5、治療の様子はどうですか?
6、薬物アレルギー歴はありますか?
重点点検項目
1.性ホルモン6項目検査
ホルモン六項目検査は(性ホルモン六項目検査、生殖ホルモン六項目検査)であり、女性の通常の生殖システム検査である。
2.SW陰茎超音波血流検査
SW陰茎超音波血流検査は橈骨動脈、陰茎背動脈、背深動脈1、背深動脈2を測定し、陰茎供血情況を総合的に判断する。SW陰茎超音波血流検査は陽萎縮、早漏の重症度及び治療が有効かどうかを判断するのに用いられる。
しんだんきじゅん
性欲低下の患者に対して、治療前に病歴を了解し、患者とその配偶者の性生活情況を詳しく調べ、夫婦双方の病歴中に出現した矛盾情況と結び付けて分析し、完全な病歴資料を取得した後、更に身体検査と必要な理化学検査を行い、それから更に明確な診断を下す。


  1. セックスレスセックスレスのケア対策を予防するには
  2. セックスレスな食事、食事療法、セックスレスは何を食べればいいのか
  3. セックスレスの合併症やセックスレスがどのような病気を引き起こすか
  4. セックスレスの症状初期の症状バイタルサイン
  5. セックスレスの紹介−症状−治療−看護−食事

お問い合わせ