セレン及びその化合物による皮膚疾患の症状、セレン及びその化合物による皮膚疾患の早期症状、徴候

セレン及びその化合物による皮膚疾患の症状、セレン及びその化合物による皮膚疾患の早期症状、徴候

  • 2021-09-11 01:13:05
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. セレン及びその化合物による皮膚病の治療方法、セレン及びその化合物による皮膚病の治療方法、セレン及びその化合物による皮膚病の薬
  2. セレン及びその化合物による皮膚疾患の診断・鑑別−セレン及びその化合物による皮膚疾患紛らわしい疾患

セレンおよびその化合物によって引き起こされる皮膚疾患の症状

典型的な病状:セレンの毒性作用はヒ素と似ており、全身急性或いは慢性中毒を発生するほか、皮膚病変を引き起こすことができる。多くのセレン化物、例えば二塩化セレン(SeOCl2)は皮膚粘膜の火傷を引き起こすことができ、二酸化セレンも皮膚の炎症性反応を引き起こすことができる。手指の酸化セレン接触は局部の激痛を引き起こし、局部検査は軽微な発赤を除いて、水疱、滲出などがなく、発赤が消えた後、疼痛は引き続き存在し、最後に爪の脱落を引き起こす。重症者は脱毛を引き起こすことが報告されている。

関連症状:激痛

一、症状

セレンの毒性作用はヒ素と似ており、全身の急性或いは慢性中毒を発生するほか、皮膚病変を引き起こすことができる。多くのセレン化物、例えば二塩化セレン(SeOCl2)は皮膚粘膜の火傷を引き起こすことができ、二酸化セレンも皮膚の炎症性反応を引き起こすことができる。手指の酸化セレン接触は局部の激痛を引き起こし、局部検査は軽微な発赤を除いて、水疱、滲出などがなく、発赤が消えた後、疼痛は引き続き存在し、最後に爪の脱落を引き起こす。重症者は脱毛を引き起こすことが報告されている。

二、診断

長期的に高セレン地域で生活し、セレンを多く含む食糧や畜肉を食べる。爪がはがれたり、赤く腫れたり、さまざまなセレン中毒症状がある。尿中セレンと血中セレンの両方が上昇する。以上の臨床表現と検査により診断できる。

  1. セレン及びその化合物による皮膚疾患の原因、セレン及びその化合物による皮膚疾患にはどのような原因があるのか
  2. セレン及びその化合物による皮膚疾患の合併症、セレン及びその化合物による皮膚疾患はどのような疾患を引き起こすのか
  3. セレン及びその化合物による皮膚疾患を予防するにはどうすればよいか、セレン及びその化合物による皮膚疾患のケア対策
  4. セレン及びその化合物に起因する皮膚疾患の検査、並びにセレン及びその化合物に起因する皮膚疾患の診断
  5. セレン及びその化合物による皮膚疾患のケア−ケア上の注意点−食事の禁忌
分類

お問い合わせ