ダニ皮肤炎の症状、ダニ皮肤炎の早期症状、バイタルサイン

ダニ皮肤炎の症状、ダニ皮肤炎の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-09-02 10:26:04
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ダニ皮膚炎の原因、ダニ皮膚炎にはどのような原因があるのか
  2. ダニ皮膚炎受診ガイド−ダニ皮膚炎

ダニ皮肤炎症状

典型的な症状:水肿性丘疹、丘疱疹あるいは风块様丘疹、あざ、その上に小さな水疱があり、たまには大疱で、中央に针の大きさの「咬痕」がある。むずむずしてたまらない。ひっかき伤とかさぶたがよく伴い、二次感染で脓疱が出现する。

関连症状:皮肤のかゆみ、皮肤のうっ血点の乾性脂肪溢血性かさぶた

一、症状

本症は夏と秋の暖かく湿った季节によく発生し、刺された後にまず局部の皮肤掻痒を感じ、特に夜间は更に甚だしく、持続性の剧痒みのため、局部に水肿性红斑、丘疹、丘疱疹、风団が出现し、中央によく虫咬みのお点がある。まず身体の接触部位あるいは露出部位に発生し、その後服の被覆部位に浸润し、首、体干に多く见られ、上肢はその次であり、顔面と下肢は稀であり、重い者の皮疹は全身に発疹することがある。异なる程度の全身症状が出现し、例えば発热、头痛、无力、息切れ、下痢など、约1周间ぐらい皮疹は消退し始め、かゆみは軽减し、色素沈着斑片を残し、ひっかくことによる引っ掻痕、血かさぶた、湿疹様変化或いは続発感染、局部リンパ节肿胀、病気経过は数日间迁延して治らない。患者の白血球と好酸球が高くなり、个别患者に蛋白尿、结合膜充血、喘息などが出现する。

二、诊断

暖かく湿った季节に谷物雑草に接触した後、露出部位に掻痒性水肿性红斑が発生し、汚染物への接触を停止した後、病状は比较的に早くコントロールでき、その特徴から诊断は难しくなく、接触物と宿主に虫体を発见すれば本症の诊断を证明できる。

  1. ダニ皮膚炎のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  2. ダニ皮膚炎の合併症、ダニ皮膚炎がどんな病気を引き起こすか
  3. ダニ皮膚炎の検査、ダニ皮膚炎の診断
  4. ダニ皮膚炎の治療方法ダニ皮膚炎の治療方法
  5. ダニ皮膚炎の紹介−症状−治療−ケア−食事

お問い合わせ