ダニ皮肤炎の原因、ダニ皮肤炎にはどのような原因があるのか

ダニ皮肤炎の原因、ダニ皮肤炎にはどのような原因があるのか

  • 2021-09-02 10:26:25
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ダニ皮膚炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. ダニ皮膚炎の治療方法ダニ皮膚炎の治療方法

ダニ皮肤炎の原因

一、発症原因

ダニの种类は多く、世界に50万种以上いると推定されているが、この病気を引き起こすダニはそれほど多くはなく、中国でよく见られるのは次の2种类だ。

1.蒲ダニ科(シジミダニ科)类は昆虫の体内や体外に寄生する小型のダニで、ヒトや家畜にも寄生することが多く、形态が极めて小さく肉眼では発见しにくい。成虫は足が4対あり、口器が短く、刺された肢はとげ状を呈していた。本科によく见られるシジミ状の蒲団ダニ(袋状のシジミダニまたは蒲団虫とも呼ばれる)の长さは约0.2mmである、土色を呈し、雌はやや大きく、肉眼では见ることができるが、未受精雌は纺锤状を呈し、受精後は球形の胎生ダニであり、温暖期には卵が母体内で幼虫を孵化させ、生まれてすぐに性成熟した成虫となり、雌1人当たり50?300个の小ダニを産生するが、そのうち4%しか雄ではなく、雌の生殖孔のそばに残り、後に孵化した雌との交尾を待つ。雌ダニは活発で、生まれてすぐ宿主を探すため、雌だけが人に有害である。蝶蛾の幼虫やその他の昆虫体に寄生するほか、イネや雑草の山にも存在し、人が雑草や谷物に触れると刺されることがあるが、虫体は长期的に人体で生活することができない。

2.コナダニ科(コナダニツツガムシ科)は肉眼で见られるばかりの白い小さな形のダニで、草むらや谷物に生息するほか、小麦粉や砂糖にも存在し、各种有机物を饵とする。本科によく见られるダニ(粉末同虫とも呼ばれる)とカゼナダニ(ココマメ同虫とも呼ばれる)は腐败した食物と小麦粉を饵とし、夜间によく人を刺す。

二、発病メカニズム

人は雑草や谷物に触れると刺されることがあるが、虫体は长く人体の上で生活することはできない。刺された後にまず局部の皮肤掻痒を感じ、特に夜间は更に甚だしく、持続性の剧痒みのため、局部に水肿性红斑、丘疹、丘疱疹、风块が出现し、中央によく虫咬みのお点がある。まず身体の接触部位あるいは露出部位に発生し、その後服の被覆部位に浸润し、首、体干に多く见られ、上肢はその次であり、顔面と下肢は稀であり、重い者の皮疹は全身に発疹することがある。ひっかくことにより、ひっかき伤、血液かさぶた、湿疹様変化あるいは続発感染、局部リンパ节肿大が出现し、病気経过は数日间迁延しても治らない。

  1. ダニ皮膚炎のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  2. ダニ皮膚炎の合併症、ダニ皮膚炎がどんな病気を引き起こすか
  3. ダニ皮膚炎の検査、ダニ皮膚炎の診断
  4. ダニ皮膚炎の症状、ダニ皮膚炎の早期症状、バイタルサイン
  5. ダニ皮膚炎の診断・鑑別-ダニ皮膚炎の紛らわしい疾患

お問い合わせ