ドッポ組織胞質菌症の診断・鑑別-ドッポ組織胞質菌症は混同されやすい疾患

ドッポ組織胞質菌症の診断・鑑別-ドッポ組織胞質菌症は混同されやすい疾患

  • 2021-09-11 01:09:34
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. どうすればドッポ組織胞質菌症を予防できるか、ドッポ組織胞質菌症のケア対策
  2. デュポ組織細胞質菌症の検査、デュポ組織細胞質菌症の診断

混同されやすい疾患:組織細胞質菌症

本症と莢膜細胞質菌症の違い。

莢膜菌症(Histoplasmosis capsulati)は莢膜菌の莢膜変種による引き起こした全世界に広がる肉芽腫性疾患である。

莢膜細胞質菌症の症状:

1.肺組織細胞質菌症

菌のついたほこりを吸い込むことで、急性感染症を引き起こす可能性があります。95%は無症状で、回復後には石灰化した点だけが残っています、軽度または中等度の症状がある場合もありますが、空咳、胸痛。子供は発熱することができる。深刻な症例はやせていることがある。力がなく、寝汗と喀血。結核に似ていて、組織細胞質菌の皮膚試験と真菌培養陽性で、胸部レントゲンによる肺部散在浸潤、肺門リンパ節腫大、最後に均一な分布の石灰化点を残して、流行地域の約10%の患者は大量の胞子を吸入するため、突然比較的に深刻な症状が発生して、例えば高熱、気急、胸痛、急性肺炎に類似して、組織細胞質菌の試験は強い陽性である。

2.播種性組織細胞質菌症

良性の経過を示すことができます。肺、肝臓。脾臓などの臓器には多くの石灰化点があり、症状はありません。一定の条件の下で。免疫力の低下など。進行性になります。発散性あるいは爆発性。進行性や播種性は成人に多く見られ、重篤な症状と肝脾腫があり、劇症型はほとんど児童、特に乳児に見られ、迅速に死亡することができ、少数の病例は慢性に転化することができ、あるいは皮膚粘膜潰瘍あるいは肉芽腫として表現することができ、口腔、舌、咽喉、胃腸、外生殖器あるいは皮膚、骨と関節に出現し、ほとんど波及されず、原発性皮膚感染は非常に稀であり、実験室のスタッフに見られることがある。

  1. Dolba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba
  2. Durbo Originalis病の食事、食事療法、Durbo Originalis病を食べるには何がいいですか
  3. デュポ組織胞質菌症の紹介−症状−治療−ケア−食事−
  4. ドッポ細胞質菌症のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  5. ドッポ組織胞質菌症の合併症、ドッポ組織胞質菌症はどのような病気を引き起こすのか

お問い合わせ