Dolba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba

Dolba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba Holba

  • 2021-09-11 01:10:21
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ドッポ組織胞質菌症の合併症、ドッポ組織胞質菌症はどのような病気を引き起こすのか
  2. ドッポ組織胞質菌症の診断・鑑別-ドッポ組織胞質菌症は混同されやすい疾患

デュポ組織胞質菌症の診療知識

受診科:皮膚科伝染科治療費用:市三甲病院約5000-10000治癒率:治療周期:治療方法:薬物治療デュポ組織胞質菌症の一般的治療法

一、治療

アンホテリシンBの静脈点滴あるいはケトコナゾールとイトラコナゾールのようなアゾール類の薬物を経口投与することができる。本疾患の治療コースは非常に長く、アンホテリシンBの総量は少なくとも2gに達する必要があり、ケトコナゾール類の薬は200mg、2回/d、1年間持続する必要があるが、しかし定期的に肝臓機能を検査すべきである。定期的に臨床と真菌のフォローアップを行うべきである。治療前と治療中にin vitro薬物感受性試験を行うことが望ましい。

二、予後

早期に確定診断され、治療前と治療中に体外薬物感受性試験を行うことが望ましい。限局型は自然治癒する。

デュボ組織胞質菌症の弁証的治療法

きょふう法

養血去風法:体内血虚生風、同時に陰血不足表現を伴う皮膚病、例えば乾燥した、鱗屑が比較的に多い皮膚病(魚鱗病、静止期と消退期乾癬など)に適用する。桂枝当帰湯加減(玉竹、黒ゴマ各15グラム、首烏、当帰、白シャクシャク、ジンギョウ、ナツメ各10グラム、灸甘草、桂枝各5グラム)で煎じて服用することができる。

固表去風法:表虚感風邪による皮膚病に適用し、例えば慢性アレルギー性皮膚病(慢性蕁麻疹など)、患者は常に風を恐れる症状があり、多数は慢性反復発作の病歴がある。玉屏風散加味(北ぎ、当帰、甘草各30グラム、白術、防風各15グラム)で煎じて服用することができる。

解表去風法:風邪を感じる表実症である急性アレルギー性皮膚病(急性蕁麻疹、急性皮膚炎など)に適応した。例えば消風散加減(荊芥子後下、防風、当帰、苦参、蒼術、胡麻仁、ゴボウ子、知母、木通各10グラム、生地15グラム、甘草5グラム、石膏先煎じ30グラム、蝉脱3グラム)で煎じて服用することができる。

さんれい法

温経散寒法:外界の寒邪、経絡血脈が凝結して通じないことによる皮膚病を感受するのに适用して、例えば急性皮膚の血循環障害の皮膚病(凍傷など)がある。当帰四逆湯加減(当帰、桂枝、白シャク、木通、ナツメ各10グラム、細辛、灸甘草各3グラム)で煎じて服用することができる。

助陽散寒法:生体の陽気不足、臓腑機能減退、経絡血脈凝結不通による皮膚病(例えば強皮症など)に適用する。陽と湯の加減(熟地30グラム、白マスタード6グラム、麻黄、灸甘草、桂皮各3グラム、砲姜炭1.5グラム、鹿膠溶融9グラム)で煎じて服用することができる。

きんしょ法

利湿清暑法:夏令性皮膚病(夏令皮膚炎など)のように、暑さを感じて湿気を含んで致す皮膚病に適用する。ヨクイニン湯の加減(ヨモギ、チョリ、ペラン、地骨皮、オウバク各10グラム、大青葉、公英、苦参、銀花各15グラム、生のヨクイニン30グラム)で煎じて服用することができる。

解毒清暑法:夏の化膿性皮膚病(例えば、腫れ、膿疱瘡など)に适用します。清暑湯加減(レンギョウ、花粉、滑石、銀花各12グラム、セキシャク、オオバコ、沢潟各9グラム、甘草3グラム)のように煎じて服用することができる。

りしつほう

清熱利湿法:湿邪、郁湿化熱による皮膚病を感受するのに適用し、よく滲出液が比較的に多い者(例えば急性湿疹接触性皮膚炎など)を表現する。Beioの張湿湯加減(Xiao、滑石各30グラム、Beio、ぶく苓各12グラム、黄柏、丹皮、沢潟各9グラム、通草6グラム)で煎じて服用することができる。

健脾利湿法:脾虚の運化不能、水湿停滞による皮膚病に適用し、患者は脾虚の症状(例えば乳児湿疹の体虚者、児童慢性蕁麻疹など)がよくある。健脾浸湿湯加減(党参、ぶく苓、沢潟各12グラム、白術、大棗各9グラム、レンズ豆、クイニン各15グラム、淮長芋24グラム、陳皮、桔梗各5グラム)で煎じて服用することができる。

かんそうほう

養血潤燥法:血虚から風化乾燥の皮膚病に適用し、例えば乾燥性掻痒性皮膚病(皮膚掻痒症など)、患者は常に陰虚症状がある。例えば地黄飲加減(熟地30グラム、生地、首烏各15グラム、当帰、丹皮、玄参、網アカザ各10グラム、キョウサン、甘草各5グラム、紅花3グラム)で煎じて服用することができる。

生津潤燥法:津液不足による引き起こした皮膚病、例えば慢性掻痒性皮膚病(慢性湿疹、神経性皮膚炎など)に適用する。エモリエントスープ加減(玄参、麦冬、鉤藤、セキシャク、丹皮、白苔皮各10グラム)で煎じて服用することができます。

しゃか法

解毒潟火法:火熱毒邪による皮膚病、例えば急性化膿性皮膚病(全身症状の比較的に重い膿疱瘡、腫れなど)を感受するのに适用する。五味消毒飲料(銀花30グラム、野菊、公英、地丁各15グラム、青天葵10グラム)のように使用できる)煎じて服用する。

冷血潟火法:内臓の火が過ぎて致す皮膚病に适用して、よく血熱症状があり、例えば急性に紅腫熱痛がある皮膚病(漆性皮膚炎など)があって、多くは紅斑が比較的に広く表現して、全身症状は比較的に厳重である。生地銀花湯の加減(生地30グラム、銀花25グラム、玄参、地丁、大青葉各15グラム、当帰、竹葉、セキシャク各10グラム、セミ抜け殻3グラム)で煎じて服用することができる。

きょお法

涼血きょお法は血熱停滞、うっ血停留による皮膚病に適用し、多くは毛細血管拡張性、紅斑性、組織肥厚の皮膚病(酒さ鼻、進行期乾癬など)のような紅斑、結節などを表現する。涼血四物湯加減(生地25グラム、当帰、セキシャク、オウゴン、ぶく苓、紅花各10グラム、川[キュウ、陳皮、甘草、生姜各5グラム)で煎じて服用することができる。

活血去お法:気血の運行が滞ることによるうっ血の停留による引き起こした皮膚病、例えば結節性、疼痛性皮膚病(結節性紅斑、脂質膜炎など)に適用する。補陽還五湯加減(オウギ15グラム、セキシャク12グラム、桃仁、紅花各9グラム、当帰、センキュウ各6グラム)で煎じて服用することができる。

  1. Durbo Originalis病の食事、食事療法、Durbo Originalis病を食べるには何がいいですか
  2. どうすればドッポ組織胞質菌症を予防できるか、ドッポ組織胞質菌症のケア対策
  3. デュポ組織細胞質菌症の検査、デュポ組織細胞質菌症の診断
  4. デュポ組織胞質菌症の紹介−症状−治療−ケア−食事−
  5. ドッポ細胞質菌症のケア−ケア上の注意点−食事のタブー

お問い合わせ