発作性ナルコレプシーの治療方法、発作性ナルコレプシーの治療方法、発作性ナルコレプシーの治療薬

発作性ナルコレプシーの治療方法、発作性ナルコレプシーの治療方法、発作性ナルコレプシーの治療薬

  • 2021-10-06 10:04:16
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ナルコレプシー受診ガイド−ナルコレプシー
  2. ナルコレプシーの症状、ナルコレプシーの初期症状、徴候

ナルコレプシーの診療知識

受診科:精神病科治療費用:病院によって料金基準が一致せず、市三甲病院約(5000--8000元)治愈率:治療周期:治療方法:薬物治療ナルコレプシー一般治療

一、西洋医学による治療

病因がはっきりしないので、治療は対症が中心です。患者に十分に説明を行い、患者に疾病の性質を理解させ、この病気を認識するのは良性の過程であり、更に深刻に発展することはない。薬物治療は主に2種類ある:

1、日中の眠気に効くアンフェタミン系覚せい剤

シナプス前機構によりモノアミンエネルギーの伝達を増加させることにより、REM睡眠を抑制する。

1)よく使われる薬物は:

リタリン、10~20mg、2~4回/d内服、国外の最大用量は80~120mg/dで、日中の過睡眠に最も効果があり、特に病気の初期の治療に用いられる;アンフェタミン(アンフェタミン)、ピモリン(イソピモリン)37.5mgを加えて、2~3回/d内服して、覚醒期を延長して、アンフェタミンの治療効果を増強することができます;アンフェタミン、50~60mg/d;デオキシエフェドリン(メタンフェタミン)、20~25mg/d;メチルフェニデート(メチルフェニデート)、10~20mg、2~3回/d;ピモリン、10〜30mg、2回/d。

2)本症の「ゴールドスタンダード」薬物はデクスアンフェタミンである。

脱酸素エフェドリン(メタンフェタミン)の作用が最も強く、他の薬物による治療が効かない患者に一定の効果がある。覚せい剤治療が無効な場合、①アンフェタミンの血漿濃度を測定する。②睡眠潜伏期測定は確かに無効かどうかを明らかにする。

2睡眠麻痺の治療、

就寝前の幻覚の三環系抗うつ薬とSSRIs薬はノルアドレナリンの再吸収を阻止することによって治療作用があるかもしれない。例えばプロチリン、2.5~20mg/d;クロルプロイミダジン25〜200mg/d。

その他の治療措置は睡眠衛生指導、生活リズムの調節、時間通りの昼寝、薬物休暇、一定の心理刺激などを与える。

3、予後

この病気は良性の過程にすぎず、より深刻に発展することはない。過度の思想的負担や恐怖心を抱かないようにする。しかし、ナルコレプシーは患者の知力に影響を与えることができ、発病年齢が小さいほど知力への影響が大きいと考えられている。だから。診断が確定したらできるだけ早く治療しなければならない。

ナルコレプシーの弁証的治療

二、漢方療法

漢方医学の治療は主に患者の臓腑陰陽のバランスを調整することを重視し、患者の体質から着手し、全体的な調整を行う。

1)補脾陽:

補中益気湯を基礎とする方加減は発作性睡眠病を治療し、補中益気、昇発清陽を目的とし、抜け目のない府に清陽の栄を得させ、達補脾昇陽の功である。劉占文は補脾昇陽、化濁開透法を用いて、補中益気湯に石葛蒲、郁金を加えて治療し、4例はすべて全快したと報告した。補中益気湯補脾昇陽、石営蒲、郁金化濁開要領。秦為民は、この病気は中医学の度から言うと、病因は気虚、陽気不振を主とし、この基礎の上に精血欠虚と湿濁痰飲内盛及び外傷70血による肝胆脾胃邪郁を併発する。治療上、益気健脾を主とし、補中益気湯と麻黄を併用し、発作性睡眠病20例、男性12例、女性8例を治療し、すべて回復した。補中益気湯補中益気、昇発清陽、使精明の府得清陽の栄;マオウは大脳皮質と皮質上中枢と血管運働中枢を興奮させることができ、同時にマオウの上昇は陽気の上りを鼓舞することができ、清陽の栄を助けて精明の府にある。劉占雷らは補中益気法で多睡30例を治療し、オウギ50g、ぶ苓20g、朝鮮人参、白術、当帰、陳皮、砂仁各15g、柴胡、石菖蒲、甘草各log、昇麻6gを用いた。兼陽虚者加附子、桂枝;暗虚者加生地黄、麦冬;痰濁者加半夏、胆南星。治癒20例、好転8例、無効2例であった。宋憲源らの発作性睡眠病の治療の重点は陽気を通達することにあり、陰陽の気が昼夜の規則によって開閉することを促進し、自分で味生棗仁散(生酸棗仁、石菖蒲、氷片)に弁証分型を加え、湯剤を送って服用し、本病を治療する18例、12例は明らかに効果があり、4例は有効で、2例は無効で、総有効率は88.9%であった。

2)主に目を覚ます:

崔瑞林等仁、自擬醒脾開く湯は発作性睡眠病の1例を治療し、方中半夏、ぶく苓、桂枝、蒼術、乾姜、淫羊霍温陽醒脾、健脾化湿であった。アチョリ、石営蒲、草豆粕の香りが濁って、目を覚ます;杏仁、厚朴、ぶく苓はそれぞれ開上、宣中、導下で、三焦空気機をスムーズにし、湿邪を和ませる。諸薬を併用し、清陽は上昇し、濁陰は降下し、脾臓は目覚め、意識は清明であり、1年間フォローアップしたが再発しなかった。張振中用自擬方(附子12g、乾姜9g、細辛6g、五味子9g、石菖蒲9g、益智仁9g、白術9g、ぶく苓9g、桂枝6g、陳皮9g、制半夏9g、仙茅9g、昇麻6g、甘草3g、水煎じで服用し、発作性睡眠病1例を治療し、6剤服用後に眠気症状は明らかに軽減した。引き続き6剤を服用し、通常通りに回復した。霍暁東らは醒脳解眠湯(氷片0.3gで服用、益智仁12g、葛根log、センキュウlog、遠志log、ぶく苓15g、紅花5g、ミント3g、昇麻6g、水煎じ)を用いて発作性睡眠病32例を治療し、全快(睡眠発作が消失し、正常な仕事と学習ができた)26例、顕著な効果(睡眠発作の回数が減少し、程度が軽減し、基本的に正常な仕事と学習ができた)4例、有効(睡眠発作が少し軽減した)2例であった。孫沖は平胃散で味をつけた(蒼術20g、厚朴9g、陳皮9g、生姜2枚、ナツメ2枚、甘草6g、半夏9g、天南星9g、5剤連続服用後、半夏、天南星、加樟香6g、ペラン6g、ヨクイニン6g)

3)利湿痰洗浄を主とする:

方継尭用痰湯(胆南星20g、党参20g、大棗20g、白術12g、半夏log、酸棗仁15g、遠

志log、陳皮log、キジツlog、ショウガ3錠)は発作性ナルコレプシー1例を治療し、6剤の連続服用により症状が軽快した。

4)心を落ち着かせて目を覚ます:

范昌斌用鎮心醒睡益智方(遠志15g、益智仁12g、石菖蒲log、水煎服)、

5)温補脾腎:

特に、温補脾腎法により自作醒神湯を基本処方として発作性睡眠病を治療する:熟地黄30g、菟糸子15g、

鹿角膠log(閉店化)、砲附子log(先煎)、桂枝log、炒め白術15g、ぶく苓30g、炒め長芋15g、ナツメグ6g、陳皮log石菖蒲15g、郁金15g、昇麻6g。1日1剤。加減:痰湿眠脾比較的に重くヨクイニン30g、清半夏12g、防風logをプラスして湿醒を化する

脾臓、長期病気血損虚に当帰12g、オウギ30g、竜眼肉logを加え、益気養血、痰湿郁久化熱炮附子、桂枝はすべて6gに変え、青さ竿15g、炒マスト12g、オウゴン12gを加え、清化痰熱、病久人絡加川きゅう12g、丹参30gを活血通絡とした。

6)針刺し:

鼻交交(経外奇穴鼻背部正中線鼻骨基底上の鼻骨

神門、三陰交、太冲。仰臥位で鼻交穴をとり、鼻尖に2−3分刺し、小幅に捻転して針感が出現した後に留針し、両側神門、三陰交、太沖の順に取った。1日1回、10回を1クールとし、クール間は2日間休息した。治愈(病状終止発作、半年後フォローアップ無再発)45例、61.1%;有効(睡眠発作回数が減少し、程度が軽減し、睡眠深度が浅くなる)21例、28.8%;無効(病状は何の好転もない者)7例、9.6%を占め、焦偉は穴点刺放血で発作性ナルコレプシー11例を治療し、中脳(皮質下)、下足端(交感)、心穴を取った。毎回片側の耳穴を取り、両耳を交互にする。まず親指と人差し指で均等に3穴を約30秒ずつ軽く押し揉んで、すぐに常規消毒して、消毒した三稜針でツボのところに刺して血を流し(もし前回に結痴があれば、即ち結痴点を刺して)、ツボごとに毎回1-2滴の血を流した。1日1回施術し、1日おきに再度施術した。45日間、左右両耳穴点刺激瀉血各15回を1コースとした。2週間の休養後に第2クールを行う。治療は3クール。顕著な効果(単位時間内に発作不可抗力の睡眠或いは転倒回数が治療前より2/5以上減少し、或いは毎回上述の発作時間が1/2以上短縮)が3例、有効(単位時間内に発作回数が1/5 2/5減少し、或いは発作時間が短縮したが、1/2未満)が7例、無効(発作回数が減少しない或いは1/5減少しない、或いは発作時間が明らかに短縮しない)が1例であった。劉錦麗は針刺に梅花針を用いて発作性睡眠病21例を治療し、まずミリニードル針で百会、風府、懸鐘を刺し、息を得た後、まず小さい角度、遅い周波数、軽い力で30秒捻り、20分間留針した。針を起こした後、督脈、肩朧経、胆経に沿って頭の周回方向に梅花針で軽く叩いて刺し、局部に少し出血点があるのが適当である。1日1回、10回を1クールとした。

  1. ナルコレプシーのケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. ナルコレプシーの原因やナルコレプシーの原因は
  3. ナルコレプシーの合併症、ナルコレプシーがどんな病気を引き起こすか
  4. ナルコレプシーの検査、ナルコレプシーの診断
  5. ナルコレプシーの紹介−症状−治療−看護−食事
分類

お問い合わせ