らい性ぶどう膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事−

らい性ぶどう膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事−

  • 2021-08-16 02:23:54
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ハンセン病性ぶどう膜炎の食事、食事療法、ハンセン病性ぶどう膜炎は何を食べればいいのか
  2. ハンセン病性ぶどう膜炎の原因、ハンセン病性ぶどう膜炎にはどのような原因があるのか

らい性ぶどう膜炎の概要

ハンセン病(leprosy)はハンセン病菌によって引き起こされる慢性肉芽腫性疾患であり、またハンセン病とも呼ばれ、主に皮膚、末梢神経、粘膜と眼組織に累を及ぼす。眼部には兎眼、強膜炎、強膜外層炎、虹彩毛様体炎などを引き起こすことがある。

,

らい性ぶどう膜炎の基本知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 別名:らい性色素膜炎
  • 発症部位:眼
  • 伝染性:伝染性
  • 多発者:南方地区の経済条件が悪い人々
  • 関連症状:赤目結節丘疹足と足趾背屈不能視力障害
  • 合併疾患:虹彩毛様体炎無レンズ眼と眼内レンズ眼に継発する緑内障合併症白内障

  1. ハンセン病性ぶどう膜炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. ハンセン病性ぶどう膜炎の合併症、ハンセン病性ぶどう膜炎はどんな病気を引き起こすのか
  3. ハンセン病性ぶどう膜炎の検査、ハンセン病性ぶどう膜炎の診断
  4. ハンセン病性ぶどう膜炎の症状、ハンセン病性ぶどう膜炎の早期症状、バイタルサイン
  5. ハンセン病性ぶどう膜炎の診断・鑑別-ハンセン病性ぶどう膜炎の混同されやすい疾患

お問い合わせ