ハンセン病性ぶどう膜炎の症状、ハンセン病性ぶどう膜炎の早期症状、バイタルサイン

ハンセン病性ぶどう膜炎の症状、ハンセン病性ぶどう膜炎の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-16 02:24:21
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ハンセン病性ぶどう膜炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. らい性ぶどう膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事−

ハンセン病性ブドウ膜炎症状

典型的な症状:。眼部には兎眼、強膜炎、強膜外層炎、虹彩毛様体炎などを引き起こすことがある。ハンセン病性ぶどう膜炎は主に腫瘍型ハンセン病に発生する。虹彩毛様体炎を引き起こすことがあり、急性虹彩毛様体炎、慢性虹彩毛様体炎、粟粒状虹彩ハンセン病結節、大きな虹彩ハンセン病結節として現れる。

関連症状:赤目結節丘疹足と足趾背屈不能視力障害眼痛感覚障害

らい性ぶどう膜炎の症状診断

1.全身表現:

らい菌は感染してから3カ月~10年(通常は2~5年)の潜伏期を経て発症する。異なるタイプのハンセン病は異なる臨床表現があるが、基本的な病変は皮膚損害と末梢神経病変であり、粘膜、リンパ節と眼組織を侵すこともでき、少数の患者は睾丸、卵巣、肝臓、脾臓、骨組織などの病変が出現する。

1)結核型ハンセン病:皮膚病変は通常稀であり、境界明晰な低色素性斑疹或いは斑塊として表現され、皮膚感覚障害、末梢神経粗大がよく出現する。皮膚塗抹標本ではハンセン病菌を見つけることが困難であったが、ハンセン病菌の皮膚試験では強い陽性を示した。

2)限界類偏結核型ハンセン病:皮膚病変は結核型ハンセン病と似ているが、数が多く、末梢神経が疲れやすい。皮膚の塗抹標本には時々ハンセン病菌が検出される。

3)中間境界類ハンセン病:多種の皮膚病変があり、しかも数量が比較的に多く、末梢神経の障害が現れにくい。皮膚塗抹標本には多くのハンセン病菌が観察されるが、ハンセン病素皮膚試験は一般的に陰性である。

4)境界類偏腫型ハンセン病:多発性斑疹、丘疹、結節あるいは斑塊として表現され、境界はよく不明で、末梢神経の損害は広範で、感覚と運動機能の障害を引き起こすことができる。皮膚塗抹標本には通常、ハンセンテリウム菌が見られ、ハンセンテリンの皮膚試験は陰性である。

5)腫瘍型ハンセン病:多種の皮膚病変を表現し、中央隆起、境界不明瞭、眉毛脱落、顔面皮膚肥厚、鞍状鼻奇形、、眉に結節、神経幹肥厚、末梢神経障害が出現し、機体筋肉萎縮、拘縮を引き起こす。皮膚塗抹検査ではハンセンテリウム強陽性を示し、ハンセンテリウム皮膚試験では陰性であった。

2.眼の病変:

1)ぶどう膜炎:ぶどう膜炎は主に腫瘍型ハンセン病に発生し、発生率は0.5%〜23.8%である。主に虹彩毛様体炎を引き起こし、急性虹彩毛様体炎、慢性虹彩毛様体炎、粟粒状虹彩ハンセン病結節、大きな虹彩ハンセン病結節として現れることがある。眼後段病変は稀であり、たまに脈絡膜炎、非特異性播種性周辺脈絡膜炎、網膜色素上皮増殖などを引き起こす。

①急性虹彩毛様体炎:1種のよくあるタイプであり、非肉芽腫性炎症であり、通常両側に障害を受ける。典型的には突然発病し、目の赤み、目の痛み、光を恐れ、涙を流し、物をぼかし或いは視力が低下し、検査では毛様充血、KP、明らかな前房の閃光と房水炎症細胞が見られ、厳重な者は房水の大量のセルロース性滲出或いは前房の膿の蓄積が現れ、虹彩後癒着、続発性緑内障と前房の血の蓄積などの合併症を引き起こすことができる。

②慢性虹彩毛様体炎:各種のハンセン病に発生し、肉芽腫性あるいは非肉芽腫性炎症を呈する。患者は通常明らかな症状がなく、毛様充血がなく、検査により細かいKP或いは羊脂状KP、軽度の前房光輝と少量の房水炎症細胞があり、虹彩萎縮、虹彩後癒着、甚だしきに至っては瞳孔閉鎖を引き起こしやすい。虹彩交感神経障害は瞳孔を小さくし、白内障を併発して視力を著しく低下させることがある。

③粟粒状虹彩ハンセン病結節:「虹彩真珠」とも呼ばれ、小さく光り輝く白色病変を示し、単球内に集積したハンセン病菌によって形成される。通常は虹彩毛様体炎から1~2年以内に発生し、この「虹彩真珠」は主に瞳孔縁に分布し、ネックレスのような外観を呈し、房水内に脱落することがある。

④虹彩の大きいハンセン病結節:その発生率は「虹彩真珠」より低く、黄白色分叶状多形性を示す結節で、明らかな前房炎症反応を伴うことがある。

2)強膜炎と強膜外層炎:局所性のハンセン病結節は結節性強膜炎と強膜外層炎を引き起こすことがある;らい菌に対する免疫反応はIII型アレルギー反応を介してびまん性強膜外層炎またはびまん性強膜炎を引き起こすことがある。これらは角膜炎または虹彩毛様体炎を伴うことが多く、強膜の炎症が繰り返し長期にわたって起こると、強膜壊死、強膜融解、強膜ブドウ腫を引き起こすことがある。

3)その他の眼部病変:麻風尚は眉毛と睫毛の脱失、兎眼、逆毛、眼瞼外反、結膜下繊維化、角膜神経の肥大(数珠状を呈する)、露出性角膜炎、点状角膜炎、間質性角膜炎、角膜血管翳合併微小なハンセン病結節などを引き起こすことがある。

この病気の診断は、主に患者の特徴的な皮膚病変に伴う感覚障害、末梢神経の肥大化、皮膚病変に基づいている抗酸菌の存在及び組織病理学により、マクロファージ内に細菌群が存在し、ハンセンチンの皮膚試験結果などの臨床表現と検査が示された。

  1. ハンセン病性ぶどう膜炎の原因、ハンセン病性ぶどう膜炎にはどのような原因があるのか
  2. ハンセン病性ぶどう膜炎の合併症、ハンセン病性ぶどう膜炎はどんな病気を引き起こすのか
  3. ハンセン病性ぶどう膜炎の検査、ハンセン病性ぶどう膜炎の診断
  4. ハンセン病性ぶどう膜炎の診断・鑑別-ハンセン病性ぶどう膜炎の混同されやすい疾患
  5. ハンセン病性ぶどう膜炎の食事、食事療法、ハンセン病性ぶどう膜炎は何を食べればいいのか

お問い合わせ