ハンセン病性ぶどう膜炎の原因、ハンセン病性ぶどう膜炎にはどのような原因があるのか

ハンセン病性ぶどう膜炎の原因、ハンセン病性ぶどう膜炎にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-16 02:24:51
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ハンセン病性ぶどう膜炎の検査、ハンセン病性ぶどう膜炎の診断
  2. ハンセン病性ぶどう膜炎の食事、食事療法、ハンセン病性ぶどう膜炎は何を食べればいいのか

らい性ぶどう膜炎の病因主な病因:らい桿菌によるもの

ハンセン病性ブドウ膜炎の病因

一、発病原因:

1.ハンセン病菌は細胞内で増殖する細菌で、短い棒状をしており、(0.21*3)μm~;(0.5*8)μm~サイズ。ヒトはハンセン病菌の主な宿主であり、その他の動物、例えばアルマジロ、チンパンジー、サルなども感染することがある。

二、発病メカニズム:

1.らい桿菌は生体に侵入した後に直接組織の損傷を引き起こすことができて、また免疫反応を通じて異なる組織の損害を引き起こすことができる。もし患者はらい桿菌に対して比較的に強い免疫力があれば、感染後ただ亜臨床感染と表現する;患者細胞の免疫機能が正常であれば、結核様ハンセン病が出現することができ、これらの患者の中で10%未満はハンセン病菌抗原の抗体がある;患者の細胞免疫機能が低下すると、びまん型のハンセン病結節(腫型ハンセン病)を引き起こす。多数の患者の血清抗らい菌抗原の特異性抗体レベルが上昇し、また、コールドグロブリン、リウマチ因子、抗甲状腺グロブリン抗体、抗核抗体、抗平滑筋抗体、抗髄塩基性蛋白抗体などの自己抗体が出現し、これらの自己抗体は保護作用がないだけでなく、抗原抗体免疫複合体を介して疾病の発生に参与する可能性がある。

  1. ハンセン病性ぶどう膜炎を防ぐにはどうすればよいか、ハンセン病性ぶどう膜炎のケア策
  2. らい性ぶどう膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事−
  3. ハンセン病性ぶどう膜炎の症状、ハンセン病性ぶどう膜炎の早期症状、バイタルサイン
  4. ハンセン病性ぶどう膜炎の合併症、ハンセン病性ぶどう膜炎はどんな病気を引き起こすのか
  5. ハンセン病性ぶどう膜炎の診断・鑑別-ハンセン病性ぶどう膜炎の混同されやすい疾患
分類

お問い合わせ