ハンセン病性ぶどう膜炎の食事、食事療法、ハンセン病性ぶどう膜炎は何を食べればいいのか

ハンセン病性ぶどう膜炎の食事、食事療法、ハンセン病性ぶどう膜炎は何を食べればいいのか

  • 2021-08-16 02:26:47
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ハンセン病性ぶどう膜炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. ハンセン病性ぶどう膜炎の症状、ハンセン病性ぶどう膜炎の早期症状、バイタルサイン

ハンセン病性ぶどう膜炎の飲食は禁物

適切な食事:1、ビタミンAを含む食品を食べるべきです。2、ビタミンBを含むものを食べるのがよい。3、ビタミンC、カルシウム、鉄分を含むものを食べましょう。4、素朴な果物などが食べられます。5、清らかで潤いのあるものを食べましょう。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
にんじんのピューレビタミンAを含み、特に栄養価の高い野菜の一種である緑や黄色の野菜も選べます。
ゴマビタミンBを含んでいます。目に良い効果があります生乳や小麦胚芽などの食べ物が選べる。
ナツメビタミンAを含んでいます。目に栄養を与える毎日数粒、粥を作って服用することを勧めます。
飲食の禁忌:1、辛辣で肥沃な甘滋脂っこいものを食べるのは禁物。2、生臭いものを食べるのは禁物。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
唐辛子辛、甘、大ヒット。病気を悪化させる。
ピーマン性は温熱に属し、可内熱を発生させる病気の早期回復には役立たない。
辛熱助火。目の病気を悪化させる局部のうっ血水腫を引き起こす
ハンセン病性ぶどう膜炎の食事の原則

ハンセン病性ぶどう膜炎のための食事と健康管理

一、食事療法:

1.食事療法の資料はネットユーザーに共有して、医者の審査を経ていないで、ただ参考に供する。1、銀花菊花茶:銀花50グラム、菊50グラム、緑茶20グラム。薬を混ぜ合わせて粗みじん切りにし、ガーゼで袋に分け、1袋15グラムにした。毎回1パック、お茶の代わりに飲んでください。清凉解熱、疎風明目。頭や目が腫れて痛い、目が凝って赤いものに用いられる。

2.マンケイジャン:マンケイジャン15グラム、ジャポニカ米50グラム。マンケイシをつぶし、水500mlを加えて浸した後、煎じて汁を取り、うるち米に入れて粥を作り、空腹で食べる。1日1剤。しかし辛涼は解散して、目赤頭痛者に使用することができます。

3.ノゲイトウ子茶:ノゲイトウ子15グラム、緑茶5グラム。ノゲイトウと緑茶をガーゼの袋に入れ、沸騰した湯に10分浸して飲む。1日1剤。風熱、肝炎を除去でき、目赤腫痛者に適用できる。

4.石膏粥:生石膏50グラム、うるち米100グラム。石こう水を30分煎じてから、かすを取ってからうるち米を入れておかゆを作る。1日1剤。辛涼清熱、除煩止渇、眼紅痛、口乾重の患者に適する。

5.緑豆レンコンスープ:レンコン1節、緑豆30グラム。レンコンは洗って小口切りにし、緑豆と一緒にゆでて熟れるまで食べます。1日1剤。清熱涼血、除赤止痛が可能で、眼熱赤痛者に応用できる。

6.二仁粥:ハトムギ30グラム、アーモンド6グラム(つぶし)、うるち米100グラム。3つのものを合わせて水で煮て、お米が粥になるまでどろどろになると食べ1日1剤。清熱利湿、宣暢気機が可能で、ブドウ膜炎の繰り返し発生作者に適する。

7.トウガンのしいたけ焼き:トウガン300グラム、シイタケ20グラム、調味料適量。トウガンは皮をむき、よく洗い、スライスする。しいたけはよく浸して、きれいに洗います。二味油で炒めたら、火を通します。1日1剤。清湿熱、益胃気ができ、脾胃湿熱の重いぶどう膜炎患者に適する。

  1. ハンセン病性ぶどう膜炎を防ぐにはどうすればよいか、ハンセン病性ぶどう膜炎のケア策
  2. らい性ぶどう膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事−
  3. ハンセン病性ぶどう膜炎の原因、ハンセン病性ぶどう膜炎にはどのような原因があるのか
  4. ハンセン病性ぶどう膜炎の合併症、ハンセン病性ぶどう膜炎はどんな病気を引き起こすのか
  5. ハンセン病性ぶどう膜炎の診断・鑑別-ハンセン病性ぶどう膜炎の混同されやすい疾患

お問い合わせ