ファッセン咽頭炎の治療方法,ファッセン咽頭炎の治療方法,ファッセン咽頭炎の薬

ファッセン咽頭炎の治療方法,ファッセン咽頭炎の治療方法,ファッセン咽頭炎の薬

  • 2021-08-15 07:25:18
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ファッセン咽頭炎の紹介−症状−治療−看護−食事−
  2. 精森咽頭炎の原因、精森咽頭炎はどのような原因がありますか

ファッセン咽頭炎の診療知識

受診科:耳鼻咽喉科治療費用:市三甲医院約(200-500元)治愈率:治療方法:薬物治療ファッセン咽頭炎の一般治療

本症の予後は良好で、ペニシリンによる治療は有効である。局部は複方ホウ砂液、1%過酸化水素水或いは1:5000過マンガン酸カリウム液によるうがいを行うことができる。あるいは潰瘍面の偽膜を消去した後、10%硝酸銀で潰瘍面を焼灼すると容易に治癒する。この病気は伝染性なので、隔離に注意しなければならない。原発病に対しては同時に治療を行う必要がある。例えば扁桃に潰瘍膜性炎症が繰り返し発作する場合、時期を選択して扁桃切除術を行うべきである。

ファッセン咽頭炎の弁証的治療

1、漢方療法:

多く過食辛辣厚味、脾胃積火、復風熱邪毒侵襲を受けて、犯は肺胃で、風と火の相搏、熱毒上に咽喉を蒸して、灼腐筋膜のため病気である。

風熱邪毒上咽喉蒸し

症状:片側咽頭痛、嚥下困難、痰唾液多、粘り、口臭、検査では片側の喉頭核上部に潰瘍があり、偽膜があり、拭き取りやすく、潰瘍面に出血点が見られ、甚だしきに至っては全喉頭核表面にすべて潰瘍と偽膜があり、全身発熱、頭痛、便秘、尿黄、口渇、舌質赤、苔黄、脈弦数を伴った。

弁解:1)弁証法:本証の特徴足側の喉頭核に潰瘍と偽膜の被覆があり、偽膜を消去すると出血点が見られ、局部の痛みがあり、そして肺と胃の熱蓄積の全身証明がある。②病気机器:肺のかたまりに熱を蓄積し、熱毒上に咽頭を蒸し、喉頭核筋膜を灼腐すると、喉頭核潰瘍と偽膜を形成し、口臭、局部の痛みで嚥下困難;肺経は熱があって、灼津は痰で、痰は多くて粘り気;邪熱が高ければ、全身発熱、頭痛、口渇、尿黄;胃に熱がたまると便秘になります;舌紅、苔黄、脈数はすべて熱像に属する。

2、漢方の民間療法:

1)弁証法的な選択者

風熱邪毒上咽喉蒸し

治療法:清熱解毒、除腐消腫。

処方薬:普済消毒飲(『証治準縄』)プラスマイナス。オウレン10g、オウゴン10g、ゴボウ12g、レンギョウ15g、ミント6g、キョウサン10g、陳皮10g、馬勃10g、板藍根30g、玄参15g、甘草6g、桔梗10g、昇麻10g、柴胡10g。若便秘、加黄;初越熱兼悪寒者は黄連、玄参、加荊斉、防風;舌苔が脂っこい者は、玄参を取り、仁、樟香を加える.。

2)その他の治療法

1.うがい法:銀花15g、桔梗4.5g、甘草4.5g、痰が多い者に月石6g、煎じ水500ml、頻繁にうがいを含む。

2.のど吹き法:キョウサン、蒲黄、甘草、ミント、元明粉、青黛、氷片、真珠、西黄、麝香、共同研極細末、毎回少し吹いて喉の病巣に、ゆっくりと流涎。

  1. バイソン・フィナーレの合併症、バイソン・フィナーレはどんな病気を引き起こすのか
  2. ファッセン咽頭炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  3. ファッセン咽頭炎の検査、ファッセン咽頭炎の診断
  4. ファッセン咽頭炎の症状、ファッセン咽頭炎の初期症状、バイタルサイン
  5. ファッセン咽頭炎の診断と鑑別-ファッセン咽頭炎は混同されやすい疾患

お問い合わせ