ヘモクロマトーシスの食事、食事療法、ヘモクロマトーシスは何を食べたらいいのか

ヘモクロマトーシスの食事、食事療法、ヘモクロマトーシスは何を食べたらいいのか

  • 2021-08-15 00:34:18
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ヘモクロマトーシスの合併症やヘモクロマトーシスがどんな病気を引き起こすか
  2. ヘモクロマトーシスの診断と鑑別-ヘモクロマトーシス混同しやすい疾患


ヘモクロマトーシスの食事原則

ヘモクロマトーシス食

ヘモクロマトーシス患者は低鉄分の食事に注意し、鉄分をコントロールすることは本症の主要な治療である。患者や家族が日常生活で鉄鍋や鉄製食器などを使用しないよう指導する。ヘム鉄の吸収率は肉や内臓が高く、一般的に肉の色が赤いほどヘム鉄が多く含まれている。心、肝臓、腎臓などの内臓と動物の血にはヘム鉄が最も豊富だ。豆類、黒豆、大豆、豆乳などの食品とその製品は鉄分が豊富です。緑葉野菜の中で鉄分を多く含むのは、首のベール、ほうれん草、セロリ、油菜、まい菜、無謀菜、黄花菜、トマトなどである。果物には杏、桃、李、レーズン、ナツメ、さくらんぼなどが鉄分を多く含み、ドライフルーツにはクルミがあり、その他、昆布、黒糖、ごまみそなども鉄分を含む。

  1. ヘモクロマトーシスのケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. ヘモクロマトーシスの原因とは何か
  3. ヘモクロマトーシスの症状、初期のヘモクロマトーシスの症状、バイタルサイン
  4. ヘモクロマトーシスの紹介−症状−治療−看護−食事
  5. ヘモクロマトーシスをどう予防するか、ヘモクロマトーシスのケア策

お問い合わせ