ホスゲン中毒の予防方法、ホスゲン中毒の看護対策

ホスゲン中毒の予防方法、ホスゲン中毒の看護対策

  • 2021-10-26 03:57:24
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ホスゲン中毒の症状、初期症状およびホスゲン中毒の兆候
  2. ホスゲン中毒の紹介-症状-治療-ケア-ダイエット

ホスゲン中毒予防

防止:

個人保護措置:

1.皮膚を保護するために熱手袋と保護服を使用してください。

2.目の保護のためにフェイスシールドを使用してください。

3.吸入保護は、閉鎖系および換気、局所排気または呼吸保護装置である必要があります。

ホスゲン中毒は完全に回避できます。カビの生えた干し草や腐った果物の臭いがあるため、接触者への早期警告として機能し、人々がそれを早期に発見して予防するのに役立ちます。しかし、ホスゲン中毒を防ぐための最も基本的なことは、プロセスを改革し、自動制御システムを設置し、原料ガスの比率を自動的に調整して、労働者がホスゲンにさらされる可能性を減らすことです。作業中は、ホスゲン化学製品の製造時に発生する排気ガスを、直接の排気ガスや中毒事故を防ぐために迅速に処分する必要があります。通常、ホスゲン製造装置は、漏れを防ぐために定期的にオーバーホールする必要があります。パイプラインは次のようになります。高温の蒸気で洗い流します。、体ホスゲンが蒸発して破壊し、ホスゲンがない場合にのみ分解できるようにします。生産現場のホスゲン濃度を定期的に測定し、基準を超えていることが判明した場合は、生産現場のホスゲン濃度が中国の衛生基準を超えないように積極的に対策を講じる必要があります。生産現場でホスゲンが大量に漏れている場合は、アンモニアスプレーで中和することで除去できます。ホスゲン中毒事故が発生した場合、ホスゲン濃度の高い救助現場では、救助者はまず酸素呼吸器などの防毒マスクを着用し、上記の個人保護措置を講じない場合は立ち入らないでください。状況を回避するための救助のシーン。さらなる拡大。救助プロセスでは、救助隊員は毒物の発生源を遮断することにも注意を払う必要があります。中毒者は救助された後、すぐに新鮮な空気のある場所に移動し、汚染された衣服を脱ぎ、汚染された皮膚を洗い、適切に保温し、治療のために病院に送る必要があります。

精神疾患、心臓病、活動性結核、気管支喘息、再発性慢性気管支炎、および肺気腫に苦しむ人々は、ホスゲン手術には適していません。ホスゲンにさらされているすべてのユニットは、リーダーシップを強化し、安全な生産に関する宣伝と教育をうまく行い、アンチウイルスの知識を大勢の労働者に伝え、必要なシステムを確立する必要があります。

  1. ホスゲン中毒の治療、ホスゲン中毒をどうするか、ホスゲン中毒
  2. ホスゲン中毒の原因、ホスゲン中毒の原因は何ですか
  3. ホスゲン中毒の合併症、ホスゲン中毒はどのような病気を引き起こしますか?
  4. ホスゲン中毒を診断して区別する方法-ホスゲン中毒は病気を混乱させるのは簡単です
  5. ホスゲン中毒ダイエット、ダイエット、ホスゲン中毒何を食べるか

お問い合わせ