メニエール病の診断と鑑別-メニエール病の紛らわしい疾患

メニエール病の診断と鑑別-メニエール病の紛らわしい疾患

  • 2021-08-14 12:08:03
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. メニエール病のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  2. メニエール症候群の紹介−症状−治療−看護−食事

メニエール病は8種類の類型に分けられ、類型分けは診断と治療に重要な指導意義がある。

1、普通型、めまい、耳鳴り、吐き気、嘔吐、発汗などの症状が同時に現れるもので、常見型ともいう。

2、初発耳鳴り型で、耳鳴りは他の症状よりも数か月、数週間、数年前に起こる。

3、重度耳鳴り型:耳鳴りが重い。耳鳴りが発生して、眩暈が発作しやすくて、眩暈が重くて、耳鳴りも重いです。めまいの治療はよくなったが、耳鳴りがよくないので、めまいは必ず再発する.。

4、耳鳴りなし、眩暈発作5回以上耳鳴りなし、耳鳴りなしと称する。

5、突発難聴型、めまい発作中、圧力が非常に大きいため、膜述路が破裂し、突発難聴が発生する。難聴は側が多く、両側が交互に発生することもある。難聴の早期治療の効果は理想的だ。

6、遅延性眩暈型、波動性、神経性、進行性の耳鳴り、聴力低下、(短時間に眩暈が発生しない)複数年ないしは20年になってやっと眩暈が出現する。

7、隠れ耳鳴り型、患者の外見は耳鳴りがないが、耳内に閉塞、蒸れ、蒸れ、かゆみ、微痛の感じがあり、これは隠れ耳鳴りがないメニエール病である。

8、めまい状態型、1ケ月内に3回以上発作し、患者はめまい状態にあり、めまい状態型と呼ばれ、重さとも呼ばれる。

突発難聴型は、ある膜迷路部位の圧力が非常に大きいため、膜迷路部位に突然破裂が発生して突発難聴となる。早期にめまいニールコンを服用し、聴力を回復することができる。また重耳鳴り型では、めまいだけが治りますが、耳鳴りが治らないと再発防止には効果的ではありません。めまい状態型はメニエール病の中で最も重い。機体への影響は大きく、危険性がある。治療を重視すると同時にケアを強化しなければならない。

  1. メニエール病の原因やメニエール病の原因は
  2. メニエール病の合併症、メニエール病がどんな病気を引き起こすか
  3. メニエール病の検査、メニエール病の診断
  4. メニエール病の症状メニエール病の初期症状バイタルサイン
  5. メニエール病の食事、食事療法、メニエール病は何を食べればいいのか
分類

お問い合わせ