メレニ壊疽の診断と鑑別の方法−メレニ壊疽は混同されやすい疾患−

メレニ壊疽の診断と鑑別の方法−メレニ壊疽は混同されやすい疾患−

  • 2021-09-11 01:45:34
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. メレニ壊疽の看護−看護上の注意−食事の禁忌
  2. メラニー壊疽の合併症、メラニー壊疽はどんな病気を引き起こすのか


紛らわしい疾患:動脈硬化

本症は壊疽性膿皮症、静脈あるいは動脈硬化性潰瘍及びアレルギー性血管炎による潰瘍と鑑別する必要がある。壊疽性膿皮症は破壊性壊死性、非感染性の皮膚潰瘍として表現され、臨床ではまたフルンケル様結節、膿疱或いは出血性大疱が出現する。早期結節紅斑或いは膿疱は血管炎に帰属する。触痛性の結節紅斑は、最初は赤色で、その後中央は青色になり、最終的に潰瘍を形成する。ニキビ、毛包炎、一過性棘層解離性皮症、ヘルペス様皮膚炎などに類似した1つまたは複数の水疱・膿疱。2種類の皮膚損傷は同時にアイサが出現することができ、互いに変化することもできる。皮膚損傷は正常な皮膚あるいは元の皮膚疾患の部位に発生することがある。回り込み性辺縁の疼痛性潰瘍と悪臭を伴う黄緑色の滲出膿が診断に有用である。明らかに診断されたら、高用量のコルチコイドを内服する。

  1. どのようにしてメラニー壊疽を予防するか、メラニー壊疽のケア策
  2. メラニー壊疽の検査、メラニー壊疽の診断
  3. メレニ壊疽の治療法メレニ壊疽の治療法メレニ壊疽の治療法メレニ壊疽の薬
  4. メレニ壊疽の症状、メレニ壊疽の初期の症状、徴候
  5. メレニ壊疽の食事、食事療法、メレニ壊疽は何を食べればいいのか

お問い合わせ