ロボ芽生菌症の紹介−症状−治療−看護−食事

ロボ芽生菌症の紹介−症状−治療−看護−食事

  • 2021-09-11 01:35:43
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ロボ芽生え菌症の合併症、ロボ芽生え菌症はどんな病気を引き起こすのか
  2. ロボ芽生菌症の診断と鑑別−ロボ芽生菌症混同されやすい疾患−

ロボ芽生菌症の概要

ロボ芽生え菌症(Lobomycosis)はケロイド様芽生え菌症とも呼ばれ、ロブバクテリウム(Loboa loboi)によって引き起こされる慢性皮膚肉芽腫である。

,

ロボ芽生菌症の基本的な知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 別名:ケロイド様芽生菌症,ロブ菌症,ロブ菌症
  • 発症部位:皮膚
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多発者:外傷者
  • 関連症状:リンパ節腫大、かさぶた、結節肉芽腫
  • 合併疾患:結節性紅斑

  1. ロボ芽生菌症のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. ロボ芽生菌症の予防方法ロボ芽生菌症のケア対策
  3. ロボ芽生菌症の原因、ロボ芽生菌症にはどのような原因があるのか
  4. ロボ芽生菌症の検査、ロボ芽生菌症の診断
  5. ロボ芽生菌症の治療法ロボ芽生菌症の治療法ロボ芽生菌症の治療法

お問い合わせ