ロボ芽生菌症の治療法ロボ芽生菌症の治療法ロボ芽生菌症の治療法

ロボ芽生菌症の治療法ロボ芽生菌症の治療法ロボ芽生菌症の治療法

  • 2021-09-11 01:38:05
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ロボ芽生菌症の診断と鑑別−ロボ芽生菌症混同されやすい疾患−
  2. ロボ芽生菌症のケア−ケアの注意点−食事のタブー

ロボ芽生菌症の診療知識

受診科:皮膚科治療費用:市三病院約(3000-10000元)治癒率:治療周期:治療方法:体窒素冷凍療法、CO2レーザー療法、手術治療ロボ芽生菌症の一般的治療法

一、治療

限局性または個々のプラーク様皮膚損傷は外科的に切除することができ、再発を防ぐために十分に切除しなければならない。液体窒素冷凍療法あるいはCO2レーザー療法を用いて、皮面より高い結節あるいはケロイドを除去することができる。クロルフェナジンを100〜200mg/d内服し、治療期間は2〜8ケ月であり、本症の治療に有効である。ケトコナゾールは治療効果が良くなかった。この病気にはアンホテリシンBは効かない。

二、予後

現時点で内容の説明はない。

  1. ロボ芽生え菌症の合併症、ロボ芽生え菌症はどんな病気を引き起こすのか
  2. ロボ芽生菌症の予防方法ロボ芽生菌症のケア対策
  3. ロボ芽生菌症の原因、ロボ芽生菌症にはどのような原因があるのか
  4. ロボ芽生菌症の検査、ロボ芽生菌症の診断
  5. ロボ芽生菌症の症状、ロボ芽生菌症の初期症状、バイタルサイン
分類

お問い合わせ