不動繊毛症候群の紹介−症状−治療−ケア−食事

不動繊毛症候群の紹介−症状−治療−ケア−食事

  • 2021-08-14 23:33:19
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 不動繊毛症候群の合併症、不動繊毛症候群がどんな病気を引き起こすのか
  2. 不動繊毛症候群の診断と鑑別-不動繊毛症候群は混同されやすい疾患

不動繊毛症候群の概要

不動繊毛症候群(Immotile cilia syndrome,ICS)は繊毛構造欠陥による多発性遺伝病であり、常染色体劣性遺伝であり、異常Kartagener症候群及びその他の単遺伝子病を含み、発病率は約1:30000〜1:60000である。ICSは遺伝と関連する繊毛構造欠陥の一種である。主に繊毛蛋白腕あるいは放射放射線の欠陥であり、それによって繊毛運動異常、粘膜上繊毛除去機能障害を引き起こし、反復感染を引き起こす。精子の尾は特殊な繊毛である。その構造が異常な場合、精子は運動機能を失い、不妊になる。胚胎の発育過程の中で、もし繊毛の構造が異常で、正常な繊毛の揺れが不足するため、ランダムに内臓の回転が発生する;妊娠10〜15日に内臓が正常な右回旋の代わりに左回旋を起こし、臓器転位をきたす。

,

不動繊毛症候群の基本知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 別名:働かない繊毛症候群,毛を働かすことができない症候群,繊毛を働かすことができない症候群
  • 発症部位:肺鼻
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多数発生者:すべての人々
  • 関連症状:上気道感染を繰り返す呼吸困難、咳、喀痰の繊毛除去機能障害

  1. 不働繊毛症候群の食事、食事療法、不働繊毛症候群は何を食べればいいのか
  2. 不動繊毛症候群のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  3. 不動繊毛症候群の原因、不動繊毛症候群にはどのような原因があるのか
  4. 不動繊毛症候群の症状、不動繊毛症候群の初期症状、バイタルサイン
  5. 不動繊毛症候群を予防するにはどうすればよいか、不動繊毛症候群のケア対策
分類

お問い合わせ