両性奇形の症状、早期の両性奇形の症状、徴候

両性奇形の症状、早期の両性奇形の症状、徴候

  • 2021-09-11 08:34:59
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 両性奇形の治療方法,両性奇形の治療方法,両性奇形の薬
  2. 両性奇形の検査、両性奇形の診断

両性奇形症状

典型的な症状:体格の発育とひげ、腋毛、陰毛、乳房と声などの第二性徴の発育。

肋骨軟骨炎症状の診断

一、症状の徴候:

患者が生まれた時、外陰部は男女の区別が難しく、比較的に男性に傾向があり、約3/4の患児は男の子として育て、陰嚢の発育不良は大陰唇のようであった。性腺はほとんどが鼠径部や陰嚢内に触ることができる。患者は発育期に女性第二性徴が出現し、例えば乳房が肥大し、女性体型陰毛は女性様分布を呈し、月経が来ることがある。真両性奇形の核には卵巣組織があるからです、卵巣の構造は比較的完全で、そのため、多数の真両性奇形の卵巣は発育期にエストロゲンを分泌でき、排卵がある時にまたプロゲステロンを分泌するため、女性の第二性徴が出現することができるが、しかし乳腺の発育が比較的に遅い患者のほとんどは子宮と膣の開口が尿生殖洞にあり、よく見られる子宮発育障害は発育不良と子宮頸部の欠損である。

もし性腺が卵巣であれば、顕微鏡下で一般的に正常で、精巣は顕微鏡下ですべて精子の生成がないため、患者は正常な卵巣の機能があることができて、ごく少数の患者は甚だしきに至っては卵睾丸を妊娠することができて最も多く見られる性腺の異常で、約半数の卵睾丸は正常な卵巣の位置にあり、残りの半分は鼠径部或いは陰嚢内にある。卵睾丸のある部位はその成分と関係があり、睾丸組織の占める割合が大きいほど鼠径部や陰嚢内に入りやすくなる。卵巣側の生殖管は常に卵管であり、精巣側の生殖管はすべて輸精管であり、卵・精巣側の生殖管はアイサが卵管でも輸精管でもあり、これは卵巣と精巣組織の成分と関係があり、一般的に卵管が出現することが多い。

二、検査:

性染色質検査を行うべきである。

三、診断:

臨床表現と関連検査により、診断を得ることは難しくない。

  1. 両性奇形の原因、両性奇形にはどのような原因があるのか
  2. 両性奇形の受診ガイドライン−両性奇形
  3. 両性奇形の合併症、両性奇形がどんな病気を引き起こすか
  4. 両性奇形の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 両性奇形の食事、食事療法、両性奇形は何を食べればいいのか

お問い合わせ