中等度子宮頚糜爛の診断・鑑別-中等度子宮頚糜爛は混同しやすい疾患

中等度子宮頚糜爛の診断・鑑別-中等度子宮頚糜爛は混同しやすい疾患

  • 2021-08-12 21:29:16
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 子宮頸部びらんの中等度検査、中等度の子宮頸部びらんの診断
  2. 中度子宮頸部びらんの病因、中度子宮頸部びらんにはどのような原因がありますか

中度子宮頸部糜爛の鑑別診断

子宮頸部表面の柱状上皮の成長が遅く、正常な単層の柱状上皮のみで覆われ、外観は平坦で、表面は紅潮し、滑らかなこのタイプは単純型びらんと呼ばれる。

柱状上皮は成長速度が速く、間質に向かって成長し、腺体の増生、拡張を形成し、肉眼的には表面が微小顆粒状になり、顆粒状びらん、あるいは濾胞型びらんと呼ばれる。

間質増生が顕著で、子宮頸部表面に多数の小さな突起或いは溝回が形成され、肉眼で表面が高低不整であり、このタイプのびらんは乳頭状びらんと呼ばれる。

  1. 中等度の子宮頸部びらんを予防するにはどうすればよいか、中等度の子宮頸部びらんのケア措置
  2. 中等度子宮頸部びらんのケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  3. 中等度の子宮頸部びらんの合併症、中等度の子宮頸部びらんはどんな病気を引き起こすのか

お問い合わせ