亜急性感染性心内膜炎の合併症、亜急性感染性心内膜炎はどんな病気を引き起こすのか

亜急性感染性心内膜炎の合併症、亜急性感染性心内膜炎はどんな病気を引き起こすのか

  • 2021-08-03 08:27:08
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 亜急性感染性心内膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 亜急性感染性心内膜炎の病因、亜急性感染性心内膜炎にはどのような原因があるのか

亜急性感染性心内膜炎合併症

一般的な合併症:感染性心内膜炎心筋炎心内膜炎

亜急性感染性心内膜炎の合併症

感染性心内膜炎の合併症は大まかに2種類に分けられる:心血管自体とその他の臓器の損傷、前者は心不全不整脈、心筋と(あるいは)心膜膿瘍及び感染性動脈瘤を含む;後者は各臓器塞栓と神経精神面の合併症を含み、以下に分けて述べる:

1.心不全(略称:心不全)

心不全は感染性心内膜炎の最もよく見られる合併症である、致死の主な原因でもあります、初期感染性心内膜炎は弁膜の損傷がまだ軽いため、心機能は代償することができる。病状が進展するにつれて。弁の穿孔や乳頭筋のような弁下装置が起こると、腱索断裂時。急性弁不全を引き起こすことがあります、弁の病変を悪化させたり、血行動態障害と心臓負荷(特に前負荷)を悪化させ、進行性心不全を起こすことがよくあります、すぐに処理しないと。難治性心不全で死に至る。特に重度の大動脈弁閉鎖不全の予後は最悪である、弁の損傷が確認されれば、筆者は、積極的に感染を抵抗している。抗心不全(水を制限するなど。ナトリウムと強心。利尿、血管拡張薬の応用など)に加えて、早期手術を目指すべきだ。逆に、内科的抗菌治療を一方的に強調して、内科の状態がよくなったり、病状が安定してから手術することを期待手術のタイミングを失いがちです、重度の弁膜破壊薬による治療は一時的に心機能を改善するだけだから、6ヶ月もかかりません、病状に応じて内科のフォローアップ治療あるいは手術による矯正治療を続けるのがよい、感染性心内膜炎に心不全を併発する上記の原因以外に、毒素感染、心筋炎、心筋膿瘍、不整脈、甚だしきに至っては冠動脈塞栓による心筋梗塞などは、すべて心不全を引き起こすと(あるいは)加重することができ、心不全を処理する時も考慮し、そして相応の処理をするべきで、必ず指摘しなければならない、時には感染性心内膜炎が治愈しても進行性心不全を発生することができて、以下の要素と関係があるかもしれない:

①感染性心内膜炎で侵害された心弁膜は瘢痕拘縮或いは弁膜捻転奇形を引き起こし、弁膜開閉機能障害を引き起こす;

②感染性心内膜炎で侵された弁は脆弱で、いつでも穿孔や破裂が発生することができる;

③大動脈弁膨張腫が形成され、特に大動脈弁閉鎖不全を合併する場合、弁の開閉機能に影響を与えることができ、上述の情況が発生すると、常に手術治療が必要である。

2.不整脈

統計によると、感染性心内膜炎患者の1/3〜1/2に各種不整脈がある、不整脈の一部は元の心臓病と関係があるかもしれませんが、感染性心内膜炎による不整脈は心室性期前収縮が最もよく見られる、次に心房細動です。房室ブロックと支脚ブロックは比較的に稀である、大動脈弁を巻き込む感染性心内膜炎に多く発生する、感染性心内膜炎に心不全が合併すると、特に難治性心不全の場合は、不整脈の発生率も上昇し、特に心室性不整脈が最も多く見られる、両者は互いに因果関係を持って病状を悪化させることができ、多くの感染性心内膜炎患者は重度の心室性不整脈で死亡した、だから積極的に治療しなければならない。治療原理は他の心臓病の患者と似ています、頻発性心室性期前収縮は一般情況下でアミオダロン0.2gを使用することができる、またはメセリウス0.15~0.2g、いずれも3回/d、心室性期前収縮制御後減量維持、心室性頻拍にはリドカイン50~100mgの静脈注射が第一選択、アミオダロン150〜250mg 50%ブドウ糖20mlを静脈内投与することも可能である、必要に応じて電気ショックを回復し、最初の電気エネルギーは100~150J(ジュール)、心室細動時に心停止と応急処置を行い、感染性心内膜炎は3度または高度の房室ブロックを併発し、心排血量が明らかに低下した者は、一時的なペースメーカーを配置すべきであり、末端にも0.5~1mgのイソプロポナリンを加えて500mlの輸液に静脈点滴することができ、また、アトロピン、スコポラミンなども適宜選択することができる。

3.心筋と(または)心膜の膿瘍

多くの場合、ゴールデングルコ菌や他の強い毒性を持つ化膿菌によるものです、心筋膿瘍は多発性または単発性であり、臨床では急性感染性心内膜炎によく見られる、病状が進行するにつれて、いくつかの膿瘍が一つの大きな膿瘍に融合することもあります、心臓に穴が開くこともあります、心膜膿瘍は心筋膿瘍から直接播種されることが多い、心膜腔に広がったり破れたりして、多発性小病巣性心筋膿瘍は主に病因に対して、高用量の敏感な抗生物質を用いて治療し、単一の巨大な心筋膿瘍に対して、積極的な内科抗感染の基礎の上で、穿刺ドレナージを主張し、心膜膿瘍は化膿性心膜炎として処理でき、必要な時に心膜穿刺或いは切開ドレナージを行い、常に比較的に良い治療効果を得られる。

4.感染性動脈瘤

真菌性感染性心内膜炎は感染性動脈瘤を合併しやすい、そのため、老年体弱と弁交換術後の患者によく見られる、たまに感染性心内膜炎も動脈瘤を引き起こすことがある、動脈瘤は体内のどの部位の動脈にも発生することがあり、特に重要なのは大動脈と中等動脈です、特に供給心は。脳や腎臓などの重要な臓器の動脈は、局所的な圧迫症状を引き起こすことがあります、動脈瘤は破裂しないまでは無症状であってもよい、ひとたび破裂すると出血性ショック或いは相応臓器の供血不足或いは壊死の症状を発生することができる、感染性動脈瘤の診断は本症の合併症に対する認識と警戒を高めることに依存している、必要な時に心エコー図、CT或いは血管造影で確定診断するべきで、一般的に言えば、動脈瘤が破裂しない前に人体に与える影響はあまり大きくなく、積極的に感染性心内膜炎を治療することを主とし、感染性心内膜炎をコントロールした後、状況に応じて定期的なフォローアップ或いは期日を見計らって動脈瘤摘出術或いは血管移植術を実施し、巨大な薄壁に対して動脈瘤、特にいつでも破裂する傾向がある者は、血管外科医と共同で治療プランを作成し、必要な時はできるだけ早く手術を施行し、動脈瘤がいったん破裂すると、予後は比較的に厳重であり、条件のある単位は緊急に手術治療を施行することができる。

5.臓器塞栓症

多くは亜急感染性心内膜炎の腫瘍が脱落し、血流塞栓動脈に伴って引き起こされた、臨床では脳で。腎臓、脾臓などの塞栓が最もよく見られる。最も重要なのは。これは急性感染性心内膜炎を引き起こし、障害の重要な原因は。近年、右心感染性心内膜炎は増加傾向にある、そのため、肺塞栓症はすでに臨床で日増しに注目され、塞栓が発生すると。対応する臓器の供血不足と梗塞の臨床表現を産生することができる、指摘しなければなりません。小さな塞栓症は無症状です、臨床的には診断が難しい。検死でしか発見できないこともありますが、そのほか、臓器塞栓症はすべて亜急性感染性心内膜炎の活動期に発生するとは限らない、静止期にも起こることがあります、中山大学第一病院はかつて1例の亜急性感染性心内膜炎がすでに治愈して3年になった、大動脈弁に残された棘が突然脱落して脳塞栓症になった患者は、そのため、亜急性感染性心内膜炎は治っても、心内膜に贅肉が残っている限り、臓器塞栓症を引き起こす可能性があり、大多数の巨大な心内膜増殖生物は抗生物質の治療効果が低いことに基づいて、病原菌も死滅しにくいので、抗凝固剤を投与することで、増殖物の体積を減らそうとする人がいますが、抗生物質の効果を高め臓器の塞栓症を減らすために、近年、新しい抗凝固剤が次々と登場しているにもかかわらず、しかし抗凝固療法の価値はまだ研究されていない、すでに塞栓を発生した患者に対して抗凝固剤を応用するかどうかも定説がなく、RHIEによる肺塞栓に対して、抗凝固剤は一定の治療効果があるような兆候があるが、応用過程中に病状を密接に観察し、出血傾向に注意すべきであり、脾塞栓に対しては脾切除を主張する人がいるが、四肢動脈塞栓は現在すでに手術で塞栓子を摘出できるようになっている。

6.神経精神面の合併症

一般的な神経精神症状、例えば頭痛、イライラ、眩暈などの中毒症状に対して、対症的に治療することができ、脳塞栓による神経精神症状、その治療方法は基本的に他の原因による脳塞栓と同じである。

  1. 亜急性感染性心内膜炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 亜急性感染性心内膜炎の検査および亜急性感染性心内膜炎の診断
  3. 亜急性感染性心内膜炎の治療方法、亜急性感染性心内膜炎の治療方法、亜急性感染性心内膜炎の薬
  4. 亜急性感染性心内膜炎の症状、亜急性感染性心内膜炎の早期症状、バイタルサイン
  5. 亜急性感染性心内膜炎の診断と鑑別−亜急性感染性心内膜炎の紛らわしい疾患−
分類

お問い合わせ